ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす建築宅地課スクールゾーン内危険ブロック塀等緊急被災度調査の結果

スクールゾーン内危険ブロック塀等緊急被災度調査の結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

平成16年2月20日

 平成14年度に実施した「宮城県スクールゾーン内コンクリートブロック塀等実態調査」(以下「実態調査」という。)において危険性があると判定されたブロック塀等が、平成15年5月26日に発生した地震によりどの程度被害を受けているかを調査し、その結果を所有者等に通知し、必要に応じ改善指導することにより、スクールゾーンの安全性を確保することを目的として、宮城県、石巻市、塩竈市及び大崎市では、市町村の協力を得て、標記調査を下記により実施しました。その結果は次のとおりです。
 今後、この調査結果を踏まえ、本年度に創設された「スクールゾーン内危険ブロック塀等除却事業」など、危険なブロック塀等解消のための各種対策を講じていく予定です。

  1. 対象ブロック塀等
    (1) 「5.26地震」で震度6弱の市町村の区域(石巻市など1市6町) 「実態調査」においてC,D,Eと判定されたブロック塀等
    (2) (1) 以外の市町村の区域(塩竈市、大崎市、名取市など8市40町) 「実態調査」においてD,Eと判定されたブロック塀等
  2. 実施期間
    平成15年5月27日(火曜日)~6月10日(火曜日)
  3. 実施体制
    実施主体は宮城県、石巻市、塩竈市及び大崎市であり、必要に応じ市町村の協力を得て実施しました。(仙台市は別途調査実施)
スクールゾーンにおけるコンクリートブロック塀等緊急被災度調査結果の表<単位:件、%>
調査主体対象ブロック うち改修済うち除却済残存ブロック 被災なし被災ありうち対応済うち未対応
ABCD=A-(B+C)EF=D-EGH=F-G
 B/AC/AD/AE/DF/DG/FH/F
宮城県542件23件37件482件470件12件3件9件
 4.2%6.8%88.9%97.5%2.5%25.0%75.0%
石巻市197件11件5件181件163件18件0件18件
 5.6%2.5%91.9%90.1%9.9%0.0%100.0%
塩竃市36件7件2件27件27件0件0件0件
 19.4%5.6%75.0%100.0%0.0%--
大崎市15件0件0件15件14件1件1件0件
 0.0%0.0%100.0%93.3%6.7%100.0%0.0%
合計790件41件44件705件674件31件4件27件
 5.2%5.6%89.2%95.6%4.4%12.9%87.1%

※大崎市については、旧古川市内での調査及び調査結果である。