ここから本文です。

骨髄移植

骨髄移植…いのちを救うのはあなたかもしれない…

骨髄移植のためには、白血球の型(HLA型)が一致する提供者(ドナー)が必要です。

HLA型は、兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致します。しかし、親子ではまれにしか一致せず、非血縁者間では数百から数万人の1の確率でしか一致しません。

一人でも多くの患者さんを救うためには、たくさんのドナーが必要となります。

1 骨髄移植とは

骨髄は骨の内部にあるスポンジ状の組織で、その中に多くの造血幹細胞(赤血球・白血球・血小板のもとになる細胞)が含まれています。骨髄移植は、ドナーに全身麻酔をして注射器で骨髄液を吸引し、採取した骨髄液を患者さんの静脈へ点滴で注入する治療法です。

2 ドナー登録できる人は

骨髄の提供を希望する場合は、(公財)日本骨髄バンクへのドナー登録が必要です。ドナー登録は、県保健所・支所などで行うことができます(要予約)。登録可能な条件は下記のとおりです。

  • 年齢が18歳以上、54歳以下で健康状態が良好な方。(骨髄を提供できる年齢は、20歳以上、55歳以下です。)
  • 体重が男性45kg以上、女性40kg以上の方
  • 骨髄の提供の内容を十分に理解している方
    ※健康状態によっては、登録をご遠慮いただく場合があります。
    ※骨髄の提供にあたっては、家族の同意を必要とします。

3 ドナー休暇制度について

実際に骨髄を提供する際には、検査や骨髄採取のための入院等が必要となります。このため、仕事をされている方は休暇を取得しなければなりません。
現在、患者さんと白血球の型(HLA型)が適合し、骨髄提供が可能なものの、仕事をお休みできないために、骨髄提供を断念する方が多くいらっしゃいます。
このため、一部の企業では、骨髄提供のために必要な期間を特別休暇等として認める「骨髄ドナー休暇制度」が導入されています。
一人でも多くの患者さんを救うため、そして、「提供したい」という従業員の気持ちを尊重するため、企業の皆様方には、「骨髄ドナー休暇制度」の導入を御検討いただきますようお願いします。

4 骨髄バンクドナー助成制度について

骨髄及び末梢血幹細胞を提供されたドナーのための助成制度が県内市町で導入されています。助成内容は各市町によって異なります。

詳細は,宮城県骨髄バンクドナー助成事業補助金のページを御確認ください。

5 問い合わせ窓口

骨髄移植問い合わせ窓口
窓口 所在地 電話番号
(公財)日本骨髄バンク(外部サイトへリンク) 東京都千代田区神田錦町3-19廣瀬第2ビル7F 0120-78-1069

(一社)宮城骨髄バンク(外部サイトへリンク)

仙台市若林区新寺1丁目5-26レインボー仙台4階(406) 022-299-2450
日本赤十字社東北ブロック血液センター 仙台市泉区明通2-6-1 022-354-7083
仙南保健所(疾病対策班) 柴田郡大河原町字南129-1 0224-53-3121
塩釜保健所(疾病対策班) 塩竃市北浜4-8-15 022-363-5504
塩釜保健所岩沼支所(地域保健班) 岩沼市中央3-1-18 0223-22-2189
塩釜保健所黒川支所(地域保健班) 富谷市ひより台2-42-2 022-358-1111
大崎保健所(疾病対策班) 大崎市古川旭4-1-1 0229-91-0714
大崎保健所栗原支所(疾病対策班) 栗原市築館藤木5-1 0228-22-2117
石巻保健所(疾病対策班) 石巻市あゆみ野5-7 0225-95-1430
石巻保健所登米支所(疾病対策班) 登米市迫町佐沼字西佐沼150-5 0220-22-6119
気仙沼保健所(疾病対策班) 気仙沼市東新城3-3-3 0226-22-6662

県保健所・支所での登録は、採血検査があるために予約制になっています。受付日など詳しくはお問い合わせください。
詳しい全国の登録状況、提供状況等が知りたい方は、上記の(公財)日本骨髄バンクのホームページ(外部サイトへリンク)で紹介しています。
 

お問い合わせ先

薬務課監視麻薬班

仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県行政庁舎6階 保健福祉部薬務課

電話番号:022-211-2653

ファックス番号:022-211-2490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は