ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習生涯学習宮城県美術館リニューアルの進め方について

宮城県美術館リニューアルの進め方について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月8日更新

宮城県美術館リニューアルの進め方について

1 経緯等

 昭和56年に開館した宮城県美術館(以下「美術館」という。)は,開館から約40年が経過し,施設や設備の老朽化が著しく進んでおり,県民の財産である美術品を守り,未来に伝えるためには大規模な更新・改修が不可欠になっています。

 同時に美術館へ求められる役割が開館当時とは変化してきており,新たな機能がこれまで以上に求められています。

 宮城県では,これからの県美術館に求められる役割や機能を整理した上で,リニューアルの方向性について示した「宮城県美術館リニューアル基本構想」を平成29年3月に,そして同構想を踏まえ,リニューアルの実現に向けて具体的内容を示す「宮城県美術館リニューアル基本方針」を平成30年3月に策定しました。

 この度,県有施設再編に係る検討の結果等を踏まえ,上記基本方針で示したリニューアルの実現に向けた具体的内容や事業スケジュール等について,「宮城県美術館リニューアルの進め方」として改めて整理しました。

 

2 宮城県美術館リニューアルの進め方

 宮城県美術館リニューアルの進め方 [PDFファイル/712KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)