ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月16日更新

目次

  1 制度概要

  2 お知らせ

  3 助成の対象
  (1) 助成対象者
  (2) 助成対象医療
  (3) 自己負担額

  4 参加者申請手続き等
  (1) 申請窓口
  (2) 参加者証新規申請
  (3) 参加者証認定の取消し
  (4) 参加者証の変更申請
  (5) 参加者証の更新申請
  (6) 参加者証の再交付申請
  (7) 県外からの転入に係る手続き
  (8) 償還払い(窓口支払いの還付請求)

 5 指定医療機関

 6 その他
  (1)規則・要綱
  (2)リーフレット等 

1 制度概要

 平成30年12月1日から,B型,C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業(肝がん・重度肝硬変の入院医療費助成について)を開始しました。

【概要】

  1. 医療費助成
    B型・C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変(非代償性肝硬変)の方を対象とし,入院医療費の一部について助成を行います。
  2. 研究促進
    事業に参加した方の臨床調査個人票を県が国に提供し,臨床データをNCD参加の指定医療機関が国に提供します。

【目的】

 この制度は,B型,C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変患者の医療費の負担の軽減を図りつつ,その医療に係る臨床データを収集し,肝がん・重度肝硬変の予後の改善や生活の向上,肝がんの再発の抑制などを目指した肝がん・重度肝硬変治療にかかるガイドラインの作成など,その治療研究を促進するための仕組みを構築するための事業です。

 

 制度のご利用を希望される方は肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業を活用する皆様へ [PDFファイル/278KB]をご覧ください。

2 お知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い,参加者証の有効期間が1年延長されます

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,厚生労働省より,参加者証の有効期間を1年延長する旨の事務連絡がありました。

【厚生労働省事務連絡】
令和2年4月30日付事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた公費負担医療等の取扱いについて」 [PDFファイル/184KB]

 つきましては,本事業の取扱いを下記のとおりとします。

対象者

 参加者証の有効期間の満了日が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの方

参加者証の取扱い

・ 令和2年度における更新手続きを不要とし,有効期間を満了日から1年延長します

・ 入院記録票の取得のみを目的とした医療機関への受診や,保健所窓口への更新申請手続きは不要です。

・ 現在お持ちの参加者証の有効期限を1年後に読み替えてお使いいただくこととしますので,引き続き,現在お持ちの参加者証をご使用ください

<手続きが必要な場合>

・住所,氏名,健康保険証に変更が生じた場合
  ⇒「4(4) 参加者証の変更申請」を行ってください。

医療機関の皆様へ

 上記の対象者が入院した際に,有効期限切れの参加者証を提示した場合は,有効期限を1年後に読み替えていただき,当該医療費助成の適用を行ってください。

3 助成の対象

(1)助成対象者の条件

  宮城県で助成を受けることができるのは,次の5つの条件をすべて満たす方となります。

  1. 宮城県に住所(住民登録)がある
  2. 各種医療保険制度に加入している 
  3. B型・C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変(非代償性肝硬変)と診断され,指定医療機関で入院治療を受けている  
  4. 世帯年収が約370万円未満であって,表1の年齢区分に応じて,それぞれ同表の階層区分に該当する
  5. 肝がん・重度肝硬変の治療の研究に協力していただける
 表1
年 齢 区 分階    層     区    分
70歳未満

医療保険者が発行する限度額適用認定証、又は限度額適用・標準負担額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する方

70歳以上75歳未満

医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方

75歳以上(注)

後期高齢者医療保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方

(注)65歳以上75歳未満であって後期高齢者医療制度に加入している方のうち,後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方を含む

(2)助成対象医療

  肝がん・重度肝硬変入院関係医療(※)のうち,高額療養費の限度額を超える月が既に過去12月中3月以上(連続した3月でなくても可)ある場合に,県が定める指定医療機関において,4月目以降の入院関係医療が高額療養費の限度額を超えた月の入院関係医療費に対し,助成を行う。

※肝がん・重度肝硬変入院関係医療
 B型肝炎ウイルス又はC型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変入院医療及び当該医療を受けるために必要となる検査料,入院料,その他の当該医療に関係する入院医療で保険適用となっているもののうち,肝がん・重度肝硬変の病名 [PDFファイル/99KB]を有する肝がん・重度肝硬変の医療行為 [PDFファイル/213KB]をいう。

助成対象とならない医療

・通院医療  ・在宅医療  ・外来診療
・直接の治療や検査等に伴って算定される報酬ではないもの(例:傷病手当金意見書交付料)
・入院時食事療養費及び入院時生活療養費等の食費や生活費
・他の臓器から肝臓にがんが転移した場合の医療

(3)自己負担額

 一月あたりの自己負担額は,1万円です。

4 参加者申請手続等について 

(1)申請窓口

助成を受けるには,参加者の認定を受け,参加者証を交付される必要があります。
各種申請に当たっては,下記の申請先に提出書類を揃えて申請してください。

  仙台市にお住まいの方  :各区保健福祉センター管理課
  仙台市以外にお住まいの方:住所地を管轄する保健所(支所) 

申請窓口

 申請窓口

電話番号

お住まいの市町村

仙南保健所疾病対策班

0224-53-3121

白石市,角田市,蔵王町,七ヶ宿町,大河原町,村田町,柴田町,川崎町,丸森町

塩釜保健所疾病対策班

022-363-5504

塩竈市,多賀城市,松島町,七ヶ浜町,利府町

塩釜保健所岩沼支所地域保健班

0223-22-2189

名取市,岩沼市,亘理町,山元町

塩釜保健所黒川支所地域保健班

022-358-1111

大和町,大郷町,富谷市,大衡村

大崎保健所疾病対策班

0229-91-0714

大崎市,色麻町,加美町,涌谷町,美里町

栗原保健所疾病対策班

0228-22-2117

栗原市

登米保健所疾病対策班

0220-22-6119

登米市

石巻保健所疾病対策班

0225-95-1430

石巻市,東松島市,女川町

気仙沼保健所疾病対策班

0226-22-6662

気仙沼市,南三陸町

仙台市青葉区保健福祉センター管理課

022-225-7211

仙台市青葉区

仙台市宮城野区保健福祉センター管理課

022-291-2111

仙台市宮城野区

仙台市若林区保健福祉センター管理課

022-282-1111

仙台市若林区

仙台市太白区保健福祉センター管理課

022-247-1111

仙台市太白区

仙台市泉区保健福祉センター管理課

022-372-3111

仙台市泉区

 

(2)参加者証新規申請

【申請要件】

 「1 医療費助成の制度について」の「(2)助成対象者の条件」を満たす方で,肝がん・重度肝硬変入院関係医療に係る医療費が高額療養費の限度額を超える月が,過去12月中3月以上ある場合に申請できます。

※申請要件である3月のカウント(助成対象外)は,指定医療機関以外の医療機関も対象となります。
  ただし,4月目以降については,指定医療機関での入院関係医療でなければ助成対象とはなりません。

【提出書類】

 新規申請に必要な書類は,患者様の年齢や所得(適用)区分によって異なります。詳しくは下の表2をご覧ください。

表2 新規申請に係る必要書類

年齢区分

所得区分

(限度額適用認定証等における適用区分)

提 出 書 類

70歳未満

[適用区分エ]

 ~年収約370万円
  健保:標報26万円以下
  国保:旧ただし書き
      所得210万円以下

・申請書
・臨床調査個人票及び同意書
・本人の被保険者証の写し
・限度額適用認定証等の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・保険照会同意書(国保,国組の場合)

[適用区分オ]

 住民税非課税者

70歳以上

75歳未満

[一般]

 年収約156万円~約370万円
  標報26万円以下
  課税所得145万円未満等

・申請書
・臨床調査個人票及び同意書
・本人の被保険者証の写し
・本人の高齢受給者証の写し
・保険上の世帯全員の課税・非課税証明書類
・保険上の世帯全員の住民票(謄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・保険照会同意書(国保,国組の場合)

[低所得2]

 住民税非課税世帯等

・申請書
・臨床調査個人票及び同意書
・本人の被保険者証の写し
・本人の高齢受給者証の写し
・限度額適用認定証等の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・保険照会同意書(国保,国組の場合)

[低所得1]

 住民税非課税世帯
 (年金収入80万円以下など)

75歳以上

[一般]

 年収約156万円~約370万円
  標報26万円以下
  課税所得145万円未満等

・申請書
・臨床調査個人票及び同意書
・本人の後期高齢者医療被保険者証の写し
・保険上の世帯全員の課税・非課税証明書類
・保険上の世帯全員の住民票(謄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)

[低所得2]

 住民税非課税世帯等

・申請書
・臨床調査個人票及び同意書
・本人の後期高齢者医療被保険者証の写し
・限度額適用認定証等の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)

[低所得1]

 住民税非課税世帯
 (年金収入80万円以下など)

【様式,書類の入手方法】

○指定医療機関から取得するもの
 ・臨床調査個人票及び同意書(様式2号) [Excelファイル/43KB]
 ・入院医療記録票(様式第3号(その1)) [Excelファイル/18KB]

※ 入院記録票は,医療の給付を受けようとする日の属する月以前の12月以内に,保険医療機関において肝がん・重度肝硬変入院関係医療を受けた月数が既に3月以上あることが記録されている必要があります。
※ 指定医療機関以外の保険医療機関に入院し,高額療養費の限度額を超える肝がん・重度肝硬変入院関係医療を受けた場合で,入院記録票(様式第3号(その1))の記載をしていただけない場合は,こちらの様式をご利用ください。
  ・入院記録票(指定医療機関以外の医療機関)(様式第3号(その2)) [Wordファイル/19KB]

○仙台市各区保健福祉センター,県保健所から取得するもの
 ・参加者証交付申請書(様式第1号) [PDFファイル/128KB]
   (※個人番号の記載は任意ですので,記載する必要はございません。)
 ・保険照会同意書 [PDFファイル/67KB]


○申請者本人が準備するもの
 ・ 被保険者証,高齢受給者証等
 ・ 限度額適用認定証等
  (加入している保険者にお問い合わせください)
 ・住民票謄本
  (お住まいの市町村の窓口で取得してください
 ・課税,非課税証明書
  (お住まいの市町村の窓口で取得してください)

(3)参加者証認定の取消し

  治療研究への同意を撤回したい場合など,事業への参加を取りやめる際に申請してください。

【提出書類】

 ・参加終了申請書(様式第6号) [PDFファイル/91KB]
 ・参加者証原本

(4)参加者証の変更申請

 次の場合には,必要な書類を揃え,変更があった箇所を交付申請書に記載し,速やかに申請してください。

表3 変更申請に係る必要書類
変更の種類区分必要な書類

氏名又は住所の変更

70歳未満

・申請書
・参加者証
・変更後の氏名又は住所の記載がある住民票の写し

70歳以上

・申請書
・参加者証
・変更後の氏名又は住所の記載がある住民票(謄本)の写し

医療保険の変更

70歳未満

・申請書
・参加者証
・参加者の氏名が記載された新たな被保険者証等の写し
・参加者の氏名が記載された新たな限度額適用認定証等の写し

70歳以上(所得区分が一般に当たる者)

・申請書
・参加者証
・参加者の氏名が記載された新たな被保険者証等の写し
・参加者及び世帯全員の課税・非課税証明書

70歳以上(所得区分が一般に当たらない者)

・申請書
・参加者証
・参加者の氏名が記載された新たな被保険者証等の写し
・参加者の氏名が記載された新たな限度額適用認定証等の写し

【様式の入手方法】

○仙台市各区保健福祉センター,県保健所から取得するもの
 ・参加者証交付申請書(様式第1号) [PDFファイル/128KB]

  ※申請書上部の「変更」を丸で囲んでください。

(5)参加者証の更新申請

  有効期間の満了後においても継続して肝がん・重度肝硬変入院関係医療を受ける必要がある場合は,認定の更新を申請することができます。

表4 更新申請に係る必要書類
年齢区分・保険区分所得区分必要な書類

70歳未満

「被用者保険」

[適用区分]エ ・ オ

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・(※適用区分オのみ)本人の非課税証明書類

70歳未満

「市町村国保」

[適用区分]エ ・ オ

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)

70歳未満

「国保組合」

[適用区分]エ ・ オ

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・保険上の世帯全員の住民票(謄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・保険上の世帯全員の課税・非課税証明書類

70歳以上75歳未満

「被用者保険」

一般所得 ・ 低所得2

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・高齢受給者証の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・(※低所得2のみ)本人の非課税証明書類

低所得1

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・高齢受給者証の写し
・保険上の世帯全員の住民票(謄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・保険上の世帯全員の非課税証明書類

70歳以上75歳未満

「市町村国保」

一般所得 ・ 低所得1・2

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・高齢受給者証の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)

70歳以上75歳未満

「国保組合」

一般所得 ・ 低所得1・2

・申請書
・参加者証の写し
・本人の被保険者証の写し
・高齢受給者証の写し
・保険上の世帯全員の住民票(謄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)
・保険上の世帯全員の課税・非課税証明書類

75歳以上

「後期高齢者医療保険」

一般所得 ・ 低所得1・2

・申請書
・参加者証の写し
・後期高齢者医療被保険者証の写し
・本人の住民票(抄本)の写し
・入院記録票の写し(カウント3/12以上)

【様式の入手方法】

○仙台市各区保健福祉センター,県保健所から取得するもの
 ・参加者証交付申請書(様式第1号) [PDFファイル/128KB]

  ※申請書上部の「更新」を丸で囲んでください。

(6)参加者証の再交付申請

  参加者証を紛失,汚損した場合に申請してください。

【提出書類】

 ・再交付申請書(様式第8号) [PDFファイル/95KB]
 ・参加者証原本(汚損した場合)

(7)県外からの転入に係る手続き

 他県の参加者証をお持ちの方で,県外から宮城県へ転入し,宮城県においても参加者証の認定を受けたい場合に申請してください。

【提出書類】

 ・表2 新規申請に係る必要書類に記載している書類
  (ただし,「臨床調査個人票及び同意書」と「入院記録票の写し」は除きます。)
  ※申請書上部の「転入」を丸で囲んでください。
 ・転入前に交付されていた参加者証

(8)償還払い(窓口支払いの還付請求)

 参加者証が届くまでの間に助成対象となる医療費を支払った場合などには,後日,患者さんからの請求を受け,助成対象となる医療費を還付します。

※当該月の対象医療費が高額療養費の限度額を超えない場合や,健康保険等から支給される高額療養費に該当する金額については,還付できません。

【提出書類】

 ・医療費償還払い請求書(様式第13号) [Wordファイル/48KB]
 ・請求者(参加者)の氏名が記載された被保険者証,高齢受給者証又は後期高齢者医療被保険者証の写し
 ・請求者(参加者)の参加者証の写し
 ・入院記録票の写し(医療機関から交付してもらうもの)
 ・当該月において受診した全ての医療機関が発行した領収書及び診療明細書
 ・その他(都道府県知事が必要と認める書類)

5 指定医療機関について

【指定医療機関】

 宮城県内の指定医療機関は下記のとおりです。

 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関名簿(R2.6.1版) [PDFファイル/96KB]

 他の都道府県で指定を受けている医療機関について確認したい場合は,こちら(「肝ナビ」のページにジャンプします。)をご覧ください。

 

【指定医療機関に係る各種申請,届出】

 指定医療機関としての登録を受けたい場合は,次の様式に必要事項を記載の上,宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室宛て申請してください。

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定申請書(様式第9号) [Wordファイル/21KB]

 

 また,指定申請時に記載した内容に変更が生じた場合や,指定を辞退したい場合は,次の様式に必要事項を記載の上,宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室宛て提出してください。

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関変更届出書(様式第10号) [PDFファイル/79KB]

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関辞退届出書(様式第11号) [PDFファイル/74KB]

6 その他

(1)規則・要綱

肝がん及び重度肝硬変治療に係る医療費用交付規則 [PDFファイル/194KB]

宮城県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業実施要綱(本文・別記) [PDFファイル/405KB]

(2)リーフレット等

制度案内リーフレット [PDFファイル/1.7MB]

簡易版医療機関向けマニュアル [PDFファイル/1.6MB]

ポスター(厚生労働省作成) [PDFファイル/451KB]

リーフレット(厚生労働省作成) [PDFファイル/125KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)