ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県有林売払いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月31日更新

概要

 平成13年度から,県有林特別会計に属する林産物の売払契約のうち一般競争入札・指名競争入札(以下「競争入札」という。)に参加するためには,新たな資格が必要となりました。必要書類を提出いただき,審査の結果適当と認められると,3年間競争入札に参加する資格を得ることができます。

競争入札参加資格審査申請書の提出(申請者) ↓ 資格審査 ↓ 宮城県県有林林産物売払競争入札参加資格者名簿に登載 (適当と認めたとき) ↓ 資格認定通知書の交付

一般競争入札

入札期日の前日から起算して10日前までに新聞紙上等への公告、所定の掲示その他の方法により公告します。
 「入札に参加する者に必要な資格のない者(宮城県県有林林産物売払競争入札参加資格者名簿に登載されていない等)」が行った入札は無効になります。

指名競争入札

名簿に登載されている方のなかから、指名委員会において指名業者を決定します。
   ※ 競争入札への参加を希望する方は,あらかじめ申請書を提出してください。

(入札直前では審査が間に合わないおそれがあります。)
 申請は随時受け付けています。

詳しくは,