ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

イヌサフランの誤食に注意してください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月24日更新

イヌサフランの誤食に注意してください!

有毒な「イヌサフラン」の誤食による食中毒が発生しています。イヌサフランには強い毒が含まれており、少量を食べただけでも食中毒を引き起こします。見分け方をしっかり覚え、険な食中毒を防ぎましょう。

イヌサフランとは

 イヌサフランは多年生の園芸植物で、秋にピンク色のサフランに似た花をつけます。春になると20~30cmほどの葉を伸ばしますが、葉は夏になると枯れ、花が咲くときには葉はありません。球根は直径が3~5cmで寒さに強く、地面に植えたままで何年も花をつけます。

 植物全体に「コルヒチン」という猛毒を含んでおり、少し食べただけでも下痢や嘔吐、皮膚の知覚減退、呼吸困難などの症状を引き起こし、重篤な場合には死亡することがあります。この毒は、加熱調理しても変わりません。

 葉をギョウジャニンニクと間違えたり、球根をギョウジャニンニクやニンニク、タマネギと間違えて食べてしまうことによる食中毒が起きています。

イヌサフランの花
写真:厚生労働省

1.ギョウジャニンニクとの見分け方(葉)

左にギョウジャニンニクの葉、右にイヌサフランの葉の写真があります
写真:東京都薬用植物園

2.ギョウジャニンニクとの見分け方(球根)

 

左がギョウジャニンニクの根で、右がイヌサフランの球根の写真です

3.イヌサフランによる食中毒を防止するために

  • 香りを確認する(イヌサフランにはニンニク臭、タマネギ臭はない)
  • イヌサフランの球根を台所に置かない
  • 食用の植物とそうでない植物を近くに植えない
  • 少しでも迷ったら、採らない、食べない、人にあげない

4.参考になる情報

自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。