ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

仙台松島道路の4車線化供用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月25日更新

宮城県道路公社が進めている仙台松島道路の4車線化については、松島海岸ICから松島北IC手前までの約5.1km区間の4車線化が完了し、平成26年3月25日に供用開始しました。

平成24年7月に供用した利府中ICから松島海岸IC間と合わせ、延べ10.6km区間が4車線化となっています。

仙台松島道路は、復興道路である三陸縦貫自動車道の一区間を形成しており、震災で甚大な被害を受けた三陸沿岸地域への重要な物流基盤となっています。

今後も残る区間(松島北ICから鳴瀬奥松島IC)の4車線化工事を一層推進し、復興道路の利便性向上を図っていきます。

概要

位置図

事業概要

  • 事業名:仙台松島道路4車線化事業
  • 事業区間:利府中IC~鳴瀬奥松島IC
  • 事業延長:L=18.3km(全線)
  • 車線数:2車線→4車線
  • 事業費:210億円
  • 事業期間:平成20年度~平成26年度
  • 事業主体:宮城県道路公社

位置図

石巻方面の写真です。

4車線化供用後(石巻方面)

仙台方面の写真です。

4車線化供用後(仙台方面)

※走行にあたっての注意

下り線(石巻方面)を走行する際は、松島北ICの約1km手前から車線減少(2車線から1車線へすり付け)しますので、スピードの出し過ぎに注意し、十分な車間距離を確保するようお願いします。