ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす道路課大衡インターチェンジの開通について(地域活性化インターチェンジ)

大衡インターチェンジの開通について(地域活性化インターチェンジ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年10月28日更新

平成22年12月18日15時に大衡ICが開通します。

大衡ICは、大和IC~古川IC間(18.0km)の大和ICから古川IC方面へ3.2kmの地点に位置し、近接する仙台北部中核工業団地群の基幹道路である県道大衡落合線に接続します。これにより工業団地と東北縦貫自動車道が直結し、東北の中核空港である仙台空港や特定重要港湾である仙台塩釜港などの物流拠点へのアクセスが向上します。 さらなる企業集積や雇用の創出、周辺道路環境の改善が期待されます。なお、本事業には「みやぎ発展税」が活用されています

 大衡ICの位置図

地域活性化インターチェンジとは?

高速自動車国道への効率的なアクセスを確保することにより、企業立地を始めとした地域経済の浮揚、雇用の創出、周辺道路の渋滞緩和等をはかり、地域の活性化に寄与することを目的とし、地方公共団体が主体となって高速自動車国道に整備するインターチェンジのことです。

大衡インターチェンジ空撮の写真です。

大衡インターチェンジ平面図です。