ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全大規模災害災害の記録みやぎ水害記録集(昭和23年9月洪水(アイオン台風))

みやぎ水害記録集(昭和23年9月洪水(アイオン台風))

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

洪水の概要

 昭和23年9月洪水は、東北地方に寒冷前線が移動しつつあり、また、アイオン台風に伴った温暖前線も発達して、両前線が仙台付近において、衝突し激しい上昇気流をまき起こし、豪雨をもたらしたものです。

降雨状況は築館観測所において、最大1時間雨量109.4mm、4時間最大雨量は308.7mmと従来の東北地方の記録を破る大雨でした。

これによって、鳴瀬川筋の上流部中新田地内の堤防が破堤したほか、吉田川筋においても、中流部の両岸が破堤し、昭和22年9月洪水(カスリン台風)の被害をしのぐ大雨となりました。

災害の記録写真

北上川水系

冠水した水面に電信柱がポツポツ顔を出している(旧東和町)

冠水した水面に電信柱がポツポツ顔を出している(旧東和町)

北上川の氾濫によって濁流の海と化した町(旧東和町)

北上川の氾濫によって濁流の海と化した町(旧東和町)

街の通りは一面水浸し(旧若柳町)

街の通りは一面水浸し(旧若柳町)

迫川の水の流れは速く、曲がりくねっていて洪水が起こりやすい(旧若柳町)

迫川の水の流れは速く、曲がりくねっていて洪水が起こりやすい(旧若柳町)

迫川は10~30日間もの間浸水した(旧若柳町)

迫川は10~30日間もの間浸水した(旧若柳町)

すっかり水につかった街(旧築館町)

すっかり水につかった街(旧築館町)

鳴瀬川水系

吉田川の破堤により孤立した家屋(鹿島台町志田谷地)

吉田川の破堤により孤立した家屋(鹿島台町志田谷地)

破堤氾濫し救助を求めている住民(鹿島台町志田谷地)

破堤氾濫し救助を求めている住民(鹿島台町志田谷地)

吉田川の破堤により軒下まで浸水した集落(鹿島台町志田谷地)

吉田川の破堤により軒下まで浸水した集落(鹿島台町志田谷地)

 

”みやぎ水害記録集”に戻る