ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全大規模災害災害の記録みやぎ水害記録集(平成18年(10月洪水(低気圧))

みやぎ水害記録集(平成18年(10月洪水(低気圧))

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

気象の概要

  平成18年10月5日に、大型の台風16号が南大東島の東海上を北上し、また、台風第17号も南鳥島付近を北上しており、本州南岸に停滞している前線に向かって、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで、前線の活動が活発になっていました。

 この前線上に発生した低気圧は、四国沖からゆっくりと東北東進し、6日には関東の南海上で急速に発達しながら、7日15時には宮城県沖を通って、8日北海道の東海上に進みました。また、今回発生した低気圧の経路は、過去に本県に大きな被害をもたらした昭和23年9月発生のアイオン台風、昭和61年8月発生の台風10号および平成14年7月発生の台風6号の経路と類似したものでした。

降雨の状況

 今回発生した低気圧はゆっくり北上したため、5日夕方から7日夕方にかけて雨が降り続き、東部仙南、石巻地域を中心に大雨となり、河川の増水や浸水、土砂崩れが発生した。また、低気圧が急速に発達したため、6日から8日にかけて石巻地域、気仙沼地域では暴風や高波、高潮による被害が多発しました。

今回の降雨の特徴

  • ほぼ県内全域で総降水量100ミリ以上を記録しました。特に筆甫、大内、雄勝においては、300ミリ以上を観測しました。
  • 1時間雨量10ミリ程度のやや強い雨が長時間継続しました。また、時間最大降水量は、県内で多いところでも筆甫、真野、雄勝の15~16ミリ程度でした。
  • 24時間降水量の記録を見ると、10月の記録として1位を更新した地点が県内で8地点ありました(古川、大衡、石巻、塩釜、仙台、亘理、丸森、筆甫)。

時間最大降水量

5日17時の降り始めから7日23時まで

筆甫15ミリ  大内15ミリ  笠松10ミリ  坂元15ミリ  亘理10ミリ 

石巻13ミリ  真野16ミリ  雄勝16ミリ 

24時間降水量

5日17時の降り始めから7日23時まで

 筆甫262ミリ  大内253ミリ  笠松176ミリ  坂元167ミリ  亘理156ミリ

石巻166ミリ  真野240ミリ  雄勝238ミリ

総降水量

5日17時の降り始めから7日23時まで

 筆甫350ミリ  大内353ミリ  笠松247ミリ  坂元214ミリ  亘理199ミリ

石巻196ミリ  真野280ミリ  雄勝311ミリ

波浪、高潮の状況

最大風速(江ノ島)

10月7日7時30分 北北西の風30メートル/秒

  • 1979年の統計開始以来、通年で最も強い風を観測しました。
  • これまでの1位は、2002年に観測された南西の風22メートル/秒です。

波浪(江ノ島)

 10月6日23時 最大有義波高8.40メートル、周期12.8秒

  • 1978年の観測開始から3番目の記録です。
  • これまでの1位は、1980年に観測された9.27メートルです。

高潮(鮎川港)

 10月7日15時26分 最高潮位(標高)116センチメートル(最高潮位は、既往最高潮位との比較のため平滑した潮位です)

  • 既往最高潮位(統計期間1934年~2005年)は、1980年12月24日16時20分に観測された119センチメートルであり、今回の鮎川港の高潮は、既往最高潮位に匹敵する潮位と判断されます。

 

河川及び海岸施設の被災状況

主な被災箇所の状況

  • 北上川下流支川の皿貝川、富士川において、越水被害が発生しました。
  • 旧迫川蕪栗沼上流の小山田川、瀬峰川、大水門川および前沢川において、越水被害が発生しました。
  • 鳴瀬川支川の名蓋川において、越水被害が発生しました。
  • 迫川支川の夏川において、漏水被害が発生しました。
  • 横須賀海岸(石巻市長面)では、浸食対策として施工した捨石護岸工が約700メートルにわたって被災しました。
  • 二の倉海岸(岩沼市二の倉)では、異常波浪により堤防前面の砂浜が流出して海浜断面が低下しました。また、既設堤防法枠の間詰め石が飛散するとともに、ブロックが沈下しました。

ダムによる洪水調節の状況

本県土木部で所管している12ダムのうち、5ダムにおいて洪水調節を実施し、下流の河川に流れる水量を少なくして水位の低下を図りました。

ダムによる洪水調節の状況
ダム洪水調節開始~終了の時刻 調節量
(千m3)
下流地点水位低下
(m)
大倉ダム10月7日8時30分~10時00分507広瀬橋0.19
樽水ダム10月7日8時20分~14時00分84上増田0.25
漆沢ダム10月7日7時30分~9時00分496並柳0.32
南川ダム10月6日23時10分~10月7日14時00分465落合0.06
花山ダム10月7日11時~15時20分2,049若柳0.76

洪水の報告書

平成18年10月洪水による洪水記録表紙

<平成18年10月洪水による洪水記録>

0.表紙 [PDFファイル/55KB]

1.降雨の状況 [PDFファイル/120KB]

2.河川水位の状況 [PDFファイル/99KB]

3.水防警報の発令状況 [PDFファイル/1.29MB]

4.特別警戒水位超過河川 [PDFファイル/79KB]

5.ダムの洪水調節効果 [PDFファイル/233KB] 

6.河川の被災状況 [PDFファイル/782KB]

7.内水被害の状況 [PDFファイル/272KB]

8.海岸の被災状況 [PDFファイル/338KB]

9.水防活動の状況 [PDFファイル/273KB]

”みやぎ水害記録集”に戻る


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)