ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす河川課河川で安全に楽しむために

河川で安全に楽しむために

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

夏、水遊びの季節を迎えて河川で安全に楽しむために

 

~水難事故防止の取り組み~


新着情報

まだ冬ですが、啓発看板が完成しました(県林業振興課と連携、県産間伐材を用いたもの)。(3月29日)

県の啓発活動について

啓発チラシ、啓発看板。
素材についてはご自由にダウンロードしてご使用ください。
※啓発看板が完成しました。

県の啓発活動状況ページ。


夏の画像です

川は公共の利益や他人の活動を妨げない限り、自由使用が原則です。
 釣りや水遊びなどを自らの意思に基づき行動する限り、安全確保は自己責任において行うべきであるものの、昨年の夏も各地で急な増水等による水難事故が多発している現状です。
 特に昨年に発生した兵庫県都賀川の事例は報道等で大きく取り上げられ、記憶に新しいところです。
 川はとても楽しいところで、様々な人々のこころを豊かにしてくれるすばらしい場所です。
 社会資本整備がこれまで積極的に行われ、人々が自然災害の被害を被る頻度が大きく減少しましたが、自然の力は変わりません。
 川は、生活の高度化や都市化の中で人々が身近で一番自然に触れることができる場所となっています。 そのため、宮城県では、川を利用する皆さまが自ら注意しながら楽しめるよう、様々な機会に「川の楽しい遊び方」に併せて「川の危ない側面」についても注意喚起を行い、さらに利用する方々が自ら身を守れるよう、啓発活動を実施して参ります。

広瀬川郡山堰
写真は広瀬川の郡山堰

水難事故・雨・川を知りましょう。

【データで見る水難事故】 よく知ることが水難事故防止に役立ちます!
※お父さん、お母さん方は是非お読みください。

警察庁ホームページで『平成20年の水難の概況』【最新版】が公開されました。
※閲覧にはAdobe Readerが必要です。

【データで見る雨の降り方】短い時間に集中して雨が降る場合もあります。

川の怖い面も知りましょう。【兵庫県都賀川の水難事故】

トピックス

「おやっ」と思ったらすぐ川から上がりましょう。
【水難事故を防止するために】

子供たちに知っててもらいたいこと。【川遊びのルール】

気象情報・川の情報を入手しよう。

財団法人 日本気象協会のページ

【携帯版】現地でも気象情報が確認できます!!
アドレスはこちら→ http://www.jwa.or.jp/b/mobile/QRT.php
QRコードはこちら→QRコード日本気象協会

宮城県土木部総合情報システムのページ

【携帯版】現地でも宮城県内の防災情報が確認できます!!
アドレスはこちら→ http://www.dobokusougou.pref.miyagi.jp/tel
QRコードはこちら→宮城県土木総合情報システムQRコード

 

国土交通省『川の防災情報』のページ

【携帯版】現地でも携帯電話で防災情報をチェックできます!!
アドレスはこちら→ http://i.river.go.jp/
QRコードはこちら→国土交通省川の防災情報QRコード

川の利用リンク

国土交通省河川局 河川安全利用に関するページ

 ↓↓ 以下をクリック!!
バナー 国土交通省川の安全利用のページへジャンプ 

気象庁 台風や集中豪雨から身を守るために

気象庁 急な大雨や雷・竜巻から身を守るために

気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」

県教育庁 スポーツ健康課学校安全のページ
※「みやぎ防災教育基本指針」がダウンロードできます。
子供の成長の過程に合わせ、どのように自然災害に対して防災対応能力の育成が図られるかがわかります。
※局地的豪雨に関することも掲載されています。

河川愛護月間について         

じゃぶじゃぶ川ねっと!(川の生きもの見てみたい)(国土交通省河川局)

川であそぼう(外部リンク)
※大人向け・子供向け 川での遊び方

初めての川遊び(財団法人 河川環境管理財団のページより)
※子供向け 川での遊び方

子どもの水辺サポートセンター(財団法人 河川環境管理財団のページより)

『全国一万人 川の流れ体験キャンペーン』
(川に学ぶ体験活動協議会(RAC:River Activities Council)のページより)

全国水難事故マップ(財団法人 河川環境管理財団)
※2003年からの全国の水難事故発生箇所がわかります。遠方の川へお出かけの前にご覧ください。
※宮城県のデータは少ないのですが、今後逐次情報確認して掲載して行くそうです。県からも逐次情報提供して参ります。

財団法人 河川環境管理財団のページ


ストップ!河川水難事故リーフレット(財団法人河川環境管理財団作成)をご活用下さい。

【高解像度版は編集ソフト〔イラストレーター等〕で編集可能です。】
【本データは、(財)河川環境管理財団により、増刷、編集、転載が認められています。水難事故防止に向けて有効にご活用ください。】

水辺の安全ハンドブック PDFファイルが(財)河川環境管理財団のページからダウンロードできます。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)