ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課「みやぎ環境税」を活用した平成27年度事業実績

「みやぎ環境税」を活用した平成27年度事業実績

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月31日更新

 みやぎの豊かな環境を守り,さまざまな環境課題に対して取組む財源として,県では平成23年4月から「みやぎ環境税」を導入しています。平成27年度事業の一部は平成28年度に繰り越して実施していましたが,このたび全ての事業が完了しましたので,その内容についてお知らせします。

【事業成果(CO2削減効果)】

 平成27年度事業の実施により,平成23年度~平成27年度までの5年間で342,444t-CO2の二酸化炭素削減効果がありました。予定削減量356,000t-CO2に対して約96%の削減実績となりました。 

1 県実施事業 41事業 1,434,436千円(環境税充当額) 

シーン I :地球にやさしいライフスタイルの創造

シーン II :環境と調和した産業の振興

シーン III :環境立県を支える人材の育成

シーン IV :森林機能や生物多様性など基盤の整備 

2 市町村支援事業 288,050千円

   「みやぎ環境交付金市町村支援事業 [PDFファイル/187KB]」(288,050千円) メニュー選択型 35市町村,市町村提案型 4市町 878t-CO2  

3 環境創造基金の状況

「みやぎ環境税」は課税目的に沿った事業のみに充当され,その使途を明確にするため,税収等は「環境創造基金」に積み立てて管理されています。

 平成27年度は,税収と資金運用などで約16億6820万円の収入がありました。一方で,事業の実施に約17億2420万円を支出しました(平成26年度繰越事業の実施に伴う支出を含む)。この結果,平成23年以降の累計収入額は77億7290万円,累計支出額は70億9209万円,基金の残高は6億8081万円となりました。残高は、平成28年度以降の事業に引き続き活用していきます。           
    


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)