ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財宮城県文化財保存活用大綱(令和3年3月策定)

宮城県文化財保存活用大綱(令和3年3月策定)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月31日更新

文化財保存活用大綱 (令和3年3月策定)

文化財は,私たちの先祖が大切に守り伝えてきたものであり,私たちが私たちの子孫に引き継いでいかなければならないものです。また,文化財を「地域の個性」として適切に理解し,活用し,継承することは,新しい時代を創造することにもつながります。

しかし,人口減少や少子高齢化により,一部の指定等文化財において継承基盤の脆弱化が認められ,さらには未指定の文化財や文化環境は失われつつあり,地域の歴史環境は痩せ細りをみせているところもあります。

そこで宮城県教育委員会では,これまでの文化財の保存と活用の取り組みのなかで課題,東日本大震災等による文化財を取り巻く状況の変化等を踏まえ,宮城県全体で目指すべき文化財保護の方向性を示す「宮城県文化財保存活用大綱」を策定しました。

大綱の基本理念

永続的な文化環境の維持と創出 -知って,活かして,伝える文化財-

大綱の基本方針

方針1 文化財を守り育む土台をつくる

方針2 文化財を適切に理解する

方針3 文化財を循環型社会システムに組み込む

方針4 文化財の災害対応力を高める

大綱の内容

序章

はじめに/なぜ文化財を守るのか

第1章 宮城県文化財保存活用大綱の策定にあたって

目的/位置づけ/対象/構成

第2章 文化財の保存・活用に関する現状と課題

文化財保護制度と文化財/文化財の保存・活用体制/文化財の調査/文化財の管理・防災/文化財の保存・継承/文化財の活用・普及啓発

第3章 文化財の保存・活用に関する基本方針

課題整理/基本理念/文化財の保存・活用を推進する視点/基本方針

第4章 基本方針の展開と推進

基本方針の施策展開/基本方針の推進体制/基本方針推進の進行管理

終章

市町村における文化財保存活用地域計画の必要性

宮城県文化財保存活用大綱(概要版) [PDFファイル/976KB]

宮城県文化財保存活用大綱 [PDFファイル/7.55MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)