ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財重要文化財(美術工芸品)の指定が答申されました

重要文化財(美術工芸品)の指定が答申されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月24日更新

令和2年3月19日,国の文化審議会は,伊達家文書(千四十六通)及び伊達家印章を,重要文化財(美術工芸品)として指定するよう文部科学大臣に答申しました。

県内の有形文化財(古文書・古碑)における重要文化財の指定は,平成10年の多賀城碑(多賀城市)以来で,2・3件目となります。今回の答申の結果,数ヶ月後に行われる官報告示を経,宮城県の国宝・重要文化財(美術工芸品)は42件,うち国宝は3件となります。

伊達家文書(千四十六通)(だてけもんじょ(せんよんじゅうろくつう))  26巻 21冊 20幅 953通 1鋪 2綴 2枚

所有者 : 仙台市(仙台市博物館保管)

旧仙台藩主伊達家に伝来し,昭和26年(1951)に仙台市に寄贈された文書(もんじょ)群です。天正18年(1590)の奥羽仕置(おううしおき)以前の文書が約600通残されており,南北朝・室町時代の伊達氏と朝廷・室町幕府との関わりや,伊達政宗(1567~1636)が近隣諸大名や豊臣秀吉らとやり取りした書状など,中世東北地方を研究する上で第一級の史料群であり,大変貴重です。

伊達家印章(だてけいんしょう)  127顆

所有者 : 仙台市(仙台市博物館保管)

旧仙台藩主伊達家に伝来した印章(いんしょう)と印譜(いんぷ)です。このうち印章については,5代藩主伊達吉村(よしむら)を除いて,初代政宗から13代慶邦(よしくに)まで歴代12人の藩主の印章がそろっており,かつ内容も知行宛行状(ちぎょうあてがいじょう)や伝馬(てんま)用に捺された公印,書画に捺された私印,木製の花押印など多種多様であり,大変貴重である。

詳しくは,仙台市博物館ホームページをご覧ください。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。