ここから本文です。

みやぎ移住・定住推進県民会議

宮城県の取り組み

宮城県では、「しごと」と「ひと」の好循環をつくり、県内への新しい人の流れをつくる「地方創生」の取組として、行政や関係団体、企業等と連携しながら、首都圏等からの移住・定住の拡大に取り組んでいます。

みやぎ移住・定住推進県民会議

宮城県への移住の推進と、移住者の地域への定着、さらにこれによる地域の活性化を図るための受入体制の整備や情報発信について、行政、関係団体、企業、移住者を含めた住民等が連携・協力していくため「みやぎ移住・定住推進県民会議」を設置しています。

この会議は、情報交換や先進的な取組について学ぶセミナーなどを中心に実施するもので、会員同士の連携による機運醸成の場として展開していきたいと考えています。

会員のネットワークを活かした、次につながる新しい取組を一緒に作っていきませんか。

第2回会合の様子です

ご賛同いただける場合は、下記の登録申請書にご記入いただき、当課までお送りください。登録は、団体・個人どちらでも構いません。

登録申請書(Word(ワード:16KB))(PDF(PDF:125KB)

変更・退会申請書(Word(ワード:15KB))(PDF(PDF:113KB)

チラシ(登録申請書付)(PDF:1,463KB)

現在の会員数 180(団体・個人)※令和4年5月20日時点

会員名簿(PDF:172KB)

第8回会合を開催しました

移住者の受け入れに当たっては、住まいの確保が重要となります。基調講演では 、愛知県から富山県に移住した経験を持つ講師より、移住者目線での空き家バンクの運営について御講演をいただきました。

当日は、オンラインでの参加も含め100名以上の会員の皆様に御参加いただきました。

  • 開催日時 令和3年10月8日(金曜日)午後1時30分から午後4時30分まで
  • 開催場所 仙台国際センター 会議棟2階大会議室「萩」(〒980-0856 仙台市青葉区青葉山無番地)
  • 次第

1.開会挨拶

2.基調講演

移住した者の視点を活用した空き家バンクの運営

講師:富山県朝日町役場 移住定住相談員 兼 特定非営利活動法人コクリエ 代表理事 善田 洋一郎 氏

3.事例発表(県内の取組について)

(1) 丸森町における「地域おこし協力隊」の取り組み
 発表者:丸森町 企画財政課 主事 大古田 陽平 氏
(2) 「三陸情熱界隈」の挑戦
 発表者:一般社団法人ISHINOMAKI2.0 代表理事 松村 豪太 氏
(3 ) 持続可能な宮城をつくるため「移住相談窓口が動き出す」プロジェクト
 発表者:特定非営利活動法人 おおさき地域創造研究会 事務局長 小玉 順子 氏

開催実績

お問い合わせ先

地域振興課移住定住推進班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
行政庁舎6階南側

電話番号:022-211-2454

ファックス番号:022-211-2442

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は