ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県私立高校生等奨学給付金制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月7日更新

高校生等奨学給付金制度とは?

  国の授業料不徴収制度の見直しに伴い平成26年度から国が開始した「高等学校等就学支援事業補助金」を活用し,全ての意思ある生徒が安心して教育を受けられるよう,授業料以外の教育費負担を軽減するため,平成26年度以降に高等学校等に入学した高校生等がいる低所得世帯に対して,『高校生等奨学給付金』を支給する制度です。

(返済の必要の無い給付金です。)

奨学給付金の支給対象者は?

 保護者等(保護者,親権者など)と高校生等(就学支援金の受給資格者)が,基準日(4月入学者は,7月1日)現在において,次の全ての項目を満たしている世帯

○ 保護者等が,宮城県内に住所を有すること。

  (保護者等が県外に住所を有していて,高校生等が県内の学校に在学している場合は,保護者等が住所を有している都道府県に確認願います。)

○ 基準日に属する年度分の保護者等の都道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額が非課税(=0円)であること。
  ※生活保護受給世帯を含む (両親が保護者である場合,父母両方が非課税である必要があります。)

○ 高校生等が,平成26年4月1日以降に次の私立の高等学校等に入学し,基準日に在学していること。

  • 高等学校(全日制、定時制、通信制) ※専攻科・別科を除く
  • 中等教育学校の後期課程 ※専攻科・別科を除く
  • 高等専門学校(第一学年から第三学年まで)
  • 専修学校の高等課程
  • 専修学校の一般課程(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設)
  • 各種学校(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設及び告示で指定した外国人学校
  • 高等学校等専攻科(大学への編入学基準を満たす課程又は国家資格者養成課程)

  ※学校の所在地は宮城県内・外を問いません。ただし,申請方法が異なります。

 なお,次の場合は,支給の対象となりません。

○ 高校生等が児童養護施設等に入所又は里親に養育を委託されており,児童福祉法による措置費(見学旅行費又は特別育成費)の支給対象となっている場合。

家計急変世帯への支援について

〇 新型コロナウイルス感染症に係る影響を踏まえ,保護者等の失職等や保護者等の収入が激減し,家計急変により非課税相当であると認められる世帯にも給付します。

〇 基準日を以下の通りとします。

 令和2年6月末までに家計急変した場合は7月1日,7月以降に家計急変した場合は家計急変の発生した日の属する月の翌月(家計急変の発生した日が月の初日である場合は,家計急変の発生した日の属する月)の1日。

〇 その他の要件は,上記奨学給付金の支給対象者に準じます。

奨学給付金の受給について

〇 提出された申請書類等を審査し支給の可否を決定し,その結果を通知します。

〇 支給が決定された場合は,指定された口座(学校長等に委任された場合は学校長等口座)に振り込みます。

※支給額

対象世帯通信制通信制以外
支給額の表

生活保護(生業扶助)受給世帯 

(専攻科を除く)

52,600円

非課税世帯・第1子の高校生等
(生活保護受給世帯を除く)

38,100円103,500円

非課税世帯・第2子以降の高校生等
(生活保護受給世帯を除く)

138,000円
専攻科に通う高校生等38,100円

※通信費について

  • オンライン授業・家庭学習等,オンライン学習のための通信費が発生している場合には,通信費分として,10,000 円が加算されます。(生活保護世帯は 生業扶助で措置されるため対象外)

※家計急変世帯について

  • 令和2年6月末までに家計が急変し,期日までに申請した場合は年額支給
  • 令和2年7月以降に家計が急変し,期日(令和3年1月末までを予定)に申請した場合は,表の区分に応じた額について,家計急変の発生した日の属する月の翌月(家計急変の発生した日が月の初日である場合は,家計急変の発生した日の属する月)以降の月数に応じて算定した額(1円未満の端数切捨て)
  • 通信費については,月額に換算する場合は1,000円(6月~翌年3月の10月)

※参考

申請手続について

〇 学校の所在地が県内の私立学校か県外の私立学校かにより申請方法が異なります。

 ※広域通信制の場合,県内のサテライト教室などで面接指導を受けていても本校が県外の場合は,県外学校となります。

〇 2人以上の該当する高校生等がいる場合は,それぞれ申請を行ってください。

 ◆ 県内私立学校

  • 申請方法等は,令和2年7月に,学校を通じてお知らせします。(詳しくは,学校へお問合せください。)

 ◆ 県外私立学校 

  • 申請書類は令和2年7月6日(月曜日)以降,県総務部私学・公益法人課及び各教育事務所で配布します。

    または,こちらからダウンロードしてください。

     (1) 申請案内チラシ【県外私立学校用】 [PDFファイル/333KB]

       申請案内チラシ【世帯例】 [PDFファイル/142KB]

     (2) 申請書【県外私立学校用】 [Excelファイル/31KB] ※両面

        ※申請書中の「学校記入欄」については,県外私立学校の場合は記入不要です。

         学校を経由せず,直接私学・公益法人課に御提出ください。

     (3) 在学証明書 [Wordファイル/19KB] ※指定様式

        ※在学証明書は,県内・外を問わず学校に発行していただく必要があります。

     (4) 口座振込依頼書 [Excelファイル/24KB]

     (5) オンライン学習の通信費に係る誓約書 [Excelファイル/13KB]

     (6) 申請書記入例 [PDFファイル/440KB]

     (7) (参考)生業扶助受給証明書 [Wordファイル/34KB]※生活保護(生業扶助)受給者のみ。

     (8) 健康保険証貼付台紙 [PDFファイル/78KB]

     (9) (専攻科のみ)個人対象要件証明書 [Excelファイル/16KB]

     (10) 申請者向けチェックリスト [PDFファイル/83KB]


   ※資料・申請書類一式の郵送を希望される場合は,次の2つを,県総務部私学・公益法人課へ郵送してください。

     (1)「給付金申請書類の郵送希望」の旨のメモ

     (2)角型2号(A4判が折らずに入るサイズ)の封筒に,140円分の切手を貼り,宛て先を記入した「返信用封筒」

県内私立高等学校等奨学給付金事務担当者の方へ

〇 申請書類の電子データを掲載しますので,御活用ください。

 

特定個人情報保護評価書

特定個人情報保護評価書(基礎項目評価書) [PDFファイル/126KB]

〇 委員会規則第3条第1項に基づく届出書 →  届出書 [PDFファイル/149KB]

〇 番号法第9条2項の規定に基づき定める条例 → 宮城県例規集「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律施行条例」で検索

〇 独自利用事務の根拠規範(上記交付要綱)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)