ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農業政策みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/株式会社クボタとの農業分野に関する包括連携協定締結式について(令和3年7月13日)

みやぎニュースクリップ/株式会社クボタとの農業分野に関する包括連携協定締結式について(令和3年7月13日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月26日更新

 包括連携協定では、「スマート農業技術の普及・拡大」や「次代の農業を担う人材の確保・育成」、「県産食材の新たな需要の創出」、「地域社会の活性化・県民サービスの向上」の全4項目について取り組むこととしています。
 株式会社クボタが自治体と包括連携協定を締結することは、本県が初めてです。

 株式会社クボタの北尾裕一(きたおゆういち)代表取締役社長は「宮城県と株式会社クボタのコラボレーションをさらに加速し、宮城県農業の活性化に貢献したい」と抱負を述べました。

 村井知事は「株式会社クボタと今後、連携を深めていくことは、大きな意義のあること。 特にスマート技術については、本県の試験研究機関と具体的な技術開発、現地実証などに取り組み、持続可能な農業・農村の発展につなげていきたい」とあいさつしました。

株式会社クボタとの農業分野に関する包括連携協定締結式

左から村井知事、北尾裕一株式会社クボタ代表取締役社長