ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育教育全般教育委員会みやぎの心の教育,心のケア新型コロナウイルス感染症拡大に伴う児童生徒の心の健康・心のケアについて

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う児童生徒の心の健康・心のケアについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月2日更新

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う児童生徒の心の健康・心のケアについて

   新型コロナウイルス感染が広がっている今,大人も子供も環境の変化に慣れない日々を過ごしています。

   このような状況が長期化することで,疲労が積み重なり,憂鬱な気持ちや焦り,イライラなどの気持ちが継続し,誰でも心の健康が維持できなくなってきます。

   宮城県では,新型コロナウイルス感染症拡大に伴い,子供の心の健康・心のケアを目的に情報提供を行ってまいります。ぜひご活用ください。

お子さんの心の不安定な状況を見取りましょう

<子供の反応を受け止めて>

   子供たちのストレスは様々な形で表れます。十分に眠れなくなったり,体調を崩したり,感情が安定しなくなるお子さんがいるかもしれません。

   そうした反応を温かく受け止めてほしいと思います。そして,お子さんの心配ごとに耳を傾け,つぶやきに耳を傾け,じっくりと聴いてあげてください。可能なら,一緒に体を動かしたり,遊んだりする機会をつくってください。

   今,何が起きているのか,自分の身を守るために何ができるのかをお子さんの年齢に応じて,話してあげてください。

 

   ◆お子さんとコロナウイルスについて話しましょう(公益社団法人 日本心理学会ホームページ)

   保護者がコロナウイルスについて適切な予防方法についてお子さんに話し,不安を減らすことにつなげるガイドラインなどの情報です。

新型コロナウイルス感染症対策下における子供の安心・安全を高めるために(日本臨床心理士会・日本公認心理師協会・セーブザチルドレン)

   どのように子供の心をサポートしていくかなどについて,ポイントをまとめた動画やメッセージが掲載されています。

   ◆新型コロナウイルスによる不安やストレスなどの心の問題に対処するために(日本産業カウンセラー協会)

 「新型コロナウイルス感染症」に関連して,心身の健康をどう維持していくか,産業カウンセラーの立場から対処法や留意点等について掲載されています。

   ◆もしも「距離を保つ」ことを求められたなら:あなた自身の安全のために(公益社団法人 日本心理学会ホームページ)

新型コロナウイルス感染者が日々増加している現在,必要な社会的支援を受けつつ,より良い形で「距離を取る」ために役立つ考え方について,心理学から提案された情報です。

  新型コロナウイルスと子どものストレスについて(国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)

    子供たちが抱えるストレスについて,大人がどう向き合っていくか等掲載されています。

          

お子さんに話してあげましょう

   ◆子供たちへ(ユニセフホームページを基に)

     <不安になるのは当然です>

   普段とちがう状況の中,悲しくなったり,不安になったりするのは当たり前の反応です。また,混乱したり,腹が立ったりするなど,いつもとちがう自分の状態になっているかもしれません。

   あなたは一人ではありません。お父さんやお母さん,先生など身近にいる信頼できる大人と話してみませんか。また,疑問に思うことがあったら聞きましょう。正しい情報を得られれば,それはあなたや周りの人を守ることにもつながります。

    <自分と周りの人を守るために石けんを使って,よく手を洗いましょう。>

   20秒以上かけて洗うのが効果的です。むやみに顔を触らないようにしましょう。コップや食器,食べ物や飲み物を他の人とシェアしてはいけません。

    <一人ひとりがリーダーに>

   感染予防の方法を学んだら,おうちの人や友達,とくに弟や妹など小さな子供たちに教えてあげましょう。咳エチケットや手洗いのお手本を,弟や妹の前で見せてあげましょう。

   <感染は,だれにでも起こりえます>

   新型コロナウイルスの感染は,誰にでも起こる可能性があります。住んでいるところや年齢,性別,障がいの有無は関係ありません。具合が悪くなった人を非難したりいじめたりしてはいけません。

   <がまんしないで>

    もしも具合が悪くなったら,おうちの人や面倒を見てくれている人に伝え,家から出ないようにしましょう。

新型コロナウイルス(COVID-19)について子どもに話す 〔保護者向け情報〕(一般社団法人 学校心理士認定運営機 構・日本学校心理士会)

  子供に適切な予防方法を伝え,不安を減らすような対応について具体的に書かれています。

感染症対策について正しい情報を得ましょう

  ◆新型コロナウイルス感染症対策サイト(宮城県)

    PCR検査実施件数や健康相談件数,県内の発生状況についての情報です。

  健康相談窓口(コールセンター)

  電話番号 022-211-3883,022-211-2882

  受付時間 24時間対応

 

  ◆新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房ホームページ) 

     緊急事態宣言に関する内容が記載されています。

 

  ◆新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(文部科学省ホームページ)

     学校再開に向けて,学校臨時休業・春休みに関するQ&A

     学校臨時休業の実施状況・取組等についての情報です。

 

  ◆新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)

     大臣記者会見概要,国内の発生状況,政府の対策等についての情報です。

 

 ◆新型コロナウイルス感染症対応に従事されている方のこころの健康を維持するために(日本赤十字社ホームページ) 

   「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド」等の情報です。

 

  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)(WHO公式情報特設ページ(一般向け特設ページ)) 

      「コロナウイルスの拡散を防ぐ7つのポイント」や「コロナウイルスに備えよう」について掲載されています。

感染症対策についてできることを知りましょう

  ◆咳エチケットとは(厚生労働省) 

  ◆衛生的な手洗いリーフレット(厚生労働省)

  ◆新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aについて(日本小児科学会)

  想定される小児患者に関する疑問について,Q&Aという形で詳しい情報が掲載されています。

  ◆「新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック」(第2版)(東北医科薬科大学医学部特任教授 賀来 満夫先生 監修)

     感染症予防について,正しく理解した上で安心して生活することを目標に書かれたハンドブックです。

だれかに相談することも必要です

  ◆心の相談窓口

  ◆そのほか各種相談窓口 

新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて       (令和2年8月25日)   

  ◆児童生徒等や学生の皆さんへ,教職員をはじめ学校関係者の皆様へ,保護者や地域の皆様へ

  新型コロナウイルス感染者に対する差別を防ぐため,子供や教職員,保護者に差別に同調しないよう呼び掛ける文部科学大臣のメッセージです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)