ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

施設概要(施設の紹介、指導調査船の紹介)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

  宮城県水産技術総合センターの施設は、本所が石巻市に設置されているほか,気仙沼水産試験場,内水面水産試験場がそれぞれ整備されています。センター本所の付属施設として、七ヶ浜町松ヶ浜に養殖生産部の種苗生産施設、石巻市魚町に水産加工開発部の公開実験棟が整備されています。また、本所には漁業調査指導船2隻が配備されています。

研究施設の紹介

水産技術総合センター 本所

水産技術総合センター本所の外観

  • 所在地:石巻市渡波字袖ノ浜97番6
  • 敷地面積:23,443 m2
  • 研究施設:試験研究棟,屋内飼育棟,屋外飼育水槽,研修棟
  • 主な研究設備・機器:栄養塩オートアナライザー,多項目水質計,PCRサーマルサイクラー,ゲルマニウム半導体検出器,蛍光顕微鏡,ソックスレー抽出機,高速液体クロマトグラフ,ガスクロマトグラフ,原子吸光分光光度計 等

養殖生産部 種苗生産施設

種苗生産施設の航空写真

  • 所在地:七ヶ浜町字松ヶ浜字浜屋敷142ー1
  • 敷地面積:36,211 m2
  • 研究施設:管理棟,母貝飼育・二枚貝生産棟,屋内アワビ採苗飼育棟,屋外アワビ飼育水槽,アワビ選別作業棟,屋外アワビ飼育水槽,屋外ヒラメ中間育成水槽
  • 主な研究設備・機器:高圧滅菌器,紫外線殺菌装置,自動給餌器,定量秤,生物顕微鏡,実体顕微鏡,万能投影機,インキュベーター,チェストスフリーザー,溶存酸素計,水温・塩分計 等

水産加工開発部 水産加工公開実験棟

公開実験棟の外観

  • 所在地:石巻市魚町2丁目2-3
  • 敷地面積:3,234 m2
  • 研究施設:原魚加工室,調味加工室,包装室等
  • 主な研究設備・機器:サーモンスライサー,電子スモーク装置,自動成型真空包装機,粉砕機,湿式粉砕機,加熱水蒸気調理機,伸展機,超低温フリーザー,自動包あん機,半自動バキュームシーマー,すり身製造機器,多用型真空包装機,レトルト殺菌装置 等

水産技術総合センター 気仙沼水産試験場

気仙沼水産試験場の外観

  • 所在地:気仙沼市波路上岩井崎107
  • 敷地面積:6,000 m2
  • 研究施設:本館,種苗生産棟,取水棟
  • 主な研究設備・機器:温度勾配恒温器,精密培養室,海水調温装置 等

水産技術総合センター 内水面水産試験場

内水面水産試験場の外観

  • 所在地:黒川郡大和町吉田字旗坂地内
  • 敷地面積:30,424 m2
  • 研究施設:研究管理棟,屋内水槽棟,特殊採卵計測室,孵化場
  • 主な研究設備・機器:万能生物顕微鏡,クリーンベンチ,乾熱滅菌器 等

漁業調査指導船の紹介

漁業調査指導船「みやしお」

海上を航行する漁業調査指導船「みやしお」

  • 総トン数:199トン(登録長36.07m,幅7.6m,深さ3.2m)
  • 最大搭載人数:20名
  • 主機関:ディーゼル機関,1471KW(速力 最大14.5ノット,巡航13.0ノット)
  • 調査海域:沿岸~沖合域
  • 観測装置,漁労機械等:ケーブル式CTDシステム,多層式ADCP,計量魚群探知機,海底地形探査装置,表層モニタリングシステム,いか釣り機,スキャニングソナー,トロールウィンチ 等

漁業調査指導船「開洋」

漁業調査指導船「開洋」

  • 総トン数:19トン(登録長15.9m,幅4.3m,深さ1.5m)
  • 最大搭載人数:11名
  • 主機関:ディーゼル機関,610KW(速力 最大17.9ノット,巡航15.1ノット)
  • 調査海域:浅海~沿岸域
  • 観測装置,漁労機械等:メモリ式CTD,多層式ADCP,表層モニタリングシステム,魚群探知機,トロールウィンチ,ボールローラー 等