ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水産技術総合センターの沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

沿革

明治32年    4月  水産試験場事務所を県庁内に,仮設場舎を塩釜町埋壷に設置。

明治32年    7月  事務所を塩釜町役場内に移転,試験事業を開始。

明治41年    4月  県立水産学校を渡波町に創立。同月12日同校に併設。

昭和 2年  4月  気仙沼分場を気仙沼市一景島に設置。

昭和11年    3月  無線局を石巻市善海田に移設。

昭和27年    3月  木造本館を渡波町長浜に移設。

昭和39年    3月  本館新庁舎(鉄筋コンクリート3階建)を石巻市長浜町に竣工。

昭和39年    5月  漁民研修所を併設。

昭和39年   11月 水産加工研究所を併設。

昭和40年    3月  本場無線局を石巻市南浜町に竣工。

昭和44年    3月  気仙沼分場新庁舎を気仙沼市波路上内沼に竣工。

昭和45年    4月  気仙沼分場が気仙沼水産試験場として発足。

昭和51年    4月  栽培漁業センターを牡鹿町谷川浜に設置。

昭和56年    4月  内水面水産試験場を大和町吉田に設置。同年9月に魚病指導総合センター併設。

昭和56年    7月  漁業無線局新庁舎を石巻市魚町に竣工。

昭和56年    8月  漁民研修所を研修部に改組。

昭和59年    3月  水産加工研究所新庁舎を石巻市魚町に竣工,移設。

平成  5年    4月  水産研究開発センターとして業務を開始。

平成  9年    3月  漁業調査指導船「拓洋丸(120トン)」竣工。(~平成26年3月)

平成  9年    3月 水産加工研究所に水産加工公開実験棟を併設。

平成20年    4月  水産研究開発センター,気仙沼水産試験場,内水面水産試験場,水産加工研究所,栽培漁業センターが組織再編され,水産技術総合センターが発足。

平成23年    3月  東日本大震災により,水産技術総合センター本所1階が壊滅。

平成23年    3月  気仙沼水産試験場,種苗生産施設(石巻市谷川),水産加工開発部本館・水産加工公開実験棟が全壊。

平成23年    3月  漁業調査指導船「拓洋丸」は一部破損,「蒼洋」は沈没。

平成23年    9月  本所(渡波)を修繕し,工事中の水産技術総合センター本所で業務開始。

平成24年    3月  水産技術総合センター本所の復旧工事完了。

平成25年    3月  漁業調査指導船「開洋(19トン)」竣工。

平成26年    3月  漁業調査指導船「みやしお(199トン)」竣工。

平成27年  10月  種苗生産施設を七ヶ浜町に移転・竣工。水産加工公開実験棟を石巻市魚町に竣工。

平成27年  12月  気仙沼水産試験場を気仙沼市波路上岩井崎に移転・竣工。