ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月20日更新
 
年 月 日概   要
昭和37年 4月 1日宮城県古川職業訓練所として古川市米倉字上屋敷51番地に開所
自動車整備科及びブロック建築科の2科を開設
昭和38年 3月22日電工科を新設
昭和39年 4月25日通商産業大臣から電気工事士の養成施設の指定を受けた。
昭和39年12月25日運輸大臣から一種自動車整備士養成施設の指定を受けた。
昭和42年 4月 1日電工科を電気科と改称
昭和42年10月17日宮城労働基準局長からガス溶接技能講習機関の指定を受けた。
昭和44年 4月 1日電気科を電気工事科と改称
昭和44年10月 1日職業訓練法の改正により専修職業訓練校条例(宮城県条例第30号)が施行され,宮城県立古川専修職業訓練校と改称。
昭和45年 7月 9日農業転換者職業訓練を開始
昭和46年 3月31日ブロック建築科を廃止
昭和46年 4月 1日建築科を新設
昭和47年 6月15日造園科(高齢者職業訓練)を開始
昭和49年 4月 1日職業訓練校条例(昭和49年宮城県条例第2号)により,宮城県立古川技術専門学校と改称電気工事科を電気設備科と改称
昭和51年12月 7日表具科(高齢者職業訓練)を開始
昭和52年 4月 1日電気設備科を電気工事科と改称
昭和53年 4月 1日宮城県立古川技術専門校と改称
昭和55年 4月 1日塗装科(普通課程第1類)を新設
昭和56年 4月 1日宮城県立古川高等技術専門校と改称
昭和60年 3月31日建築科を廃止
昭和61年 4月 1日電気工事科を普通課程2類に切替
平成 2年 3月31日自動車整備科を廃止
平成 2年 4月 1日OA経理科(普通課程2類)を新設
平成 3年 3月25日金属加工科(普通課程1類)を新設
電気工事科を電気科と改称
平成 8年 3月31日金属加工科を廃止
平成 9年 3月31日塗装科を廃止
平成13年 3月31日OA経理科を廃止
平成13年 4月 1日建築科(普通課程1年)を新設
平成18年 4月 1日宮城県立大崎高等技術専門校と改称
平成25年 3月31日電気科(短期課程1年)を廃止 
平成25年 3月31日表具科(短期課程3ヶ月)を廃止
平成29年 3月31日  建築科(普通課程1年)を廃止
平成29年 4月 1日  木の家づくり科(普通課程2年)を新設
平成31年 3月 31日造園科を廃止