ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ新型コロナウイルス感染症対策サイト新型コロナウイルス感染症と診断された方へ
確保病床数,感染状況の指標
宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

 

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に,心よりお見舞いを申し上げます。

このたびは急なお知らせに大変驚かれたと思います。

皆様の一刻も早いご回復と今後の感染拡大防止のため,ご協力をお願いします。

 

1 陽性判明後の確認事項

    保健所による積極的疫学調査について

    療養先の決定について

2 新型コロナウイルス感染症に係る心のケアについて

3 新型コロナウイルス感染症に関する差別や誹謗中傷等について

 

1 陽性判明後の確認事項

保健所による積極的疫学調査について

 新型コロナウイルス検査の結果が陽性で,医師から新型コロナウイルス感染症と診断され,発生届出が提出された場合は,保健所から電話連絡を差し上げます。

 保健所職員の電話は,体調の確認,発症日特定や行動状況等を聞かせていただくためのものです。

 調査にあたっては、個人のプライバシーに配慮し、調査で得た個人情報の目的外使用はいたしませんので、ご安心ください。

聞き取り内容の例

国立感染症研究所 新型コロナウイルス感染症(疑似症含む)基本情報・臨床情報調査票
 

・基礎情報(氏名,住所,電話番号,メールアドレス,基礎疾患(内服薬),勤務先,同居家族の有無等)

・持病の有無や症状の経過

・感染したかもしれないという心当たりの有無

・発症14日前から診断されるまでの行動

・発症14日前以降の接触者,滞在・利用した施設

 

 特に,陽性と診断された方の感染源や濃厚接触者を把握するための行動歴,接触者等について正確に教えていただくことが,2次・3次感染を防ぐことにつながります。

 この調査を元に濃厚接触者や検査対象者を決定し,利用した施設の調査や必要な方への検査の案内をしています。

 感染拡大防止のため,疫学調査へのご理解とご協力をお願いします。

 

療養先の決定について

 陽性と診断された方は,症状が急変した時にも適時適切に対応できるよう,また大切なご家族やお友達等に感染させないよう,入院または宿泊療養施設で療養していただくことになります。

新型コロナウイルス感染症で入院される方へ
新型コロナウイルス感染症で宿泊療養される方へ
自宅にて入所待機(療養)される方へ
陽性者の退院基準・療養解除基準について

 

接触者や勤務先の対応について

 濃厚接触者の方へお願い
【職場・施設向け】事業所内で陽性者が確認された場合の対応について

 

 

2 新型コロナウイルス感染症に係る心のケアについて

 新型コロナウイルス感染拡大によって思いがけないご経験をされたり,見通しが持てない状況に不安な気持ちを感じているのではないでしょうか。

このような経験をしたときに,様々な症状が出てくることがありますが,多くの方に起こる正常な反応です。

これらの反応は,自然に回復していくことがほとんどですが,つらい気持ちを誰かに話すことでつらさが和らぐことがあります。お一人で悩まずに,身近な方や相談機関にご相談ください。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大により不安を感じている方へ (宮城県精神保健福祉センター)

 

 

3 新型コロナウイルス感染症に関する差別や誹謗中傷等について

 県では,新型コロナウイルス感染症に関する差別や誹謗中傷等でお困りの方の電話相談窓口を設置しております。

 「みやぎ新型コロナ人権相談ダイヤル」