ここから本文です。

外国語、聴覚や言語に障害がある方の相談窓口

外国語による相談窓口について

県と仙台市で設置している、新型コロナウイルス感染症に関する受診・相談センター(コールセンター)では、外国語による相談ができるよう3者通話による多言語対応を実施しています。

対応言語と対応時間は、次のとおりです。

なお、対応言語によっては、3者通話が可能になるまで数分かかることがあり、その間は保留音が流れます。それまで電話を切ることがないようご注意願います。

電話番号:022-398-9211
受付時間:24時間対応

 ※ 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。     

 ※ 午前8時から午前10時までの時間帯は、つながりづらいことがあります。お急ぎでない場合、少し時間をあけてからおかけ直しください。

聴覚や言語に障害のある方の相談窓口について

聴覚や言語に障害のある方の相談は、専用に次の方法で受付をしております(聴覚や言語に障害のある方を対象にしていますので、対象外の方は電話での問い合わせをお願いします)。

相談を希望する場合には、下記の健康相談票に記入し、(1)または(2)のいずれかの方法でご相談ください。

回答にお時間を要する場合があります。緊急を要する症状がある場合は、救急車を要請してください。

厚生労働省の聴覚障害者相談窓口について

厚生労働省では、聴覚に障害のある方を対象とした相談窓口を設置しています。

※聴覚に障害のある方向けを対象にしていますので、聞こえる方は電話での問い合わせをお願いします。

FAX:03-3581-6251

メールアドレス:corona-2020@mhlw.go.jp

外国人旅行者向けの相談窓口

日本政府観光局では、非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のため、365日、24時間、多言語で対応するコールセンターを開設しており、新型コロナウイルス関連のお問い合わせにも対応しています。

外国人旅行者向けコールセンター(外部サイトへリンク) Japan Visitor Hotline(観光庁)
電話番号:050-3816-2787
受付時間:365日、24時間
対応言語:英語、中国語、韓国語、日本語

お問い合わせ先

疾病・感染症対策課新型コロナウイルス感染症コールセンター

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-398-9211

ファックス番号:022-200-2965

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は