ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ新型コロナウイルス感染症対策サイト自宅にて入所待機(療養)される方へ
確保病床数,感染状況の指標
宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部

自宅にて入所待機(療養)される方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

自宅にて入所待機(療養)される方へ

 □ 状態の急変や家庭内感染拡大の可能性があることから,陽性者については原則,宿泊療養又は入院となります。

 □ 自宅にて入所待機(療養)される場合,1日2回体温測定するなど,体調を注意深く観察してください。

 □ 外出や周囲の方との接触は避けてください。

 □ 感染拡大防止のため,ご本人は外出せず,自宅で過ごしてください。

 □ ご家族と同居の場合,部屋を分けるなどし,できるだけ接触を減らしてください。

 □ 自宅内でも必要最小限の行動にとどめ,自室を出る際にはサージカルマスクを使用し,手指衛生に努めてください。

 □ ご家族など同居の方も,非常時以外の外出は控えましょう。

 □ 外部からの不要不急の訪問者は受け入れないようにしましょう。

 

自宅待機(療養)中の健康観察について

 □ 療養期間中は、毎日、定時に体温測定を行うなど、ご自身の健康状態の観察を行なっていただきます。

 □ 毎日の健康観察方法については保健所から指示があります。

 □ 療養の解除については、保健所が判断します。

 □ 下記に示した「(表)緊急性の高い症状」を認めるなど,症状(発熱、咳、痰、倦怠感など)が悪化した場合は、担当の保健所へ連絡してください。

 体調が急激に悪化した場合,119番で救急車を要請してください。

 なお,感染予防のため,119番通報の際には必ず「新型コロナウイルス感染症にて療養中である」旨を申し出てください。

(表)緊急性の高い症状  ※はご家族等が確認した場合
項目詳細
 表情・外見顔色が明らかに悪い ※
唇が紫色になっている
いつもと違う、様子がおかしい ※
 息苦しさ等息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
急に息苦しくなった
生活をしていて少し動くと息苦しい
胸の痛みがある
横になれない。座らないと息ができない
肩で息をしている
突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた
 意識障害等 ぼんやりしている(反応が弱い) ※
もうろうとしている(返事がない)※
脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

 

参考

家庭内での感染予防対策~8つのポイント~

 

 ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~

 (厚生労働省ページにリンク)

 

自宅療養ハンドブック

 

 「新型コロナウイルス感染症 ~感染予防ハンドブック 自宅療養をする方へ・同居の方へ」(東北医科薬科大学病院ページへリンク)

 監修:賀来 満夫 東北医科薬科大学医学部特任教授・東北大学名誉教授

 新型コロナウイルスの感染予防として,家庭でできる具体策をまとめたハンドブックが東北医科薬科大学病院にて公開されていますのでご参照ください。