ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす税務課自動車税と個人事業税の口座振替納税について

自動車税と個人事業税の口座振替納税について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月24日更新

便利な口座振替納税にしませんか。
自動車税と個人事業税の納税には,口座振替がご利用になれます。
電気料金や水道料金などの「自動支払」と同じ方法で,県税の納期限になりますと,指定された金融機関の預金口座から自動的に県税に振り替えられます。

口座振替のメリット

 わざわざ納税のためにお出かけになる必要がなくなります。
 うっかり納期限を忘れても預金口座から納税されます。
 宮城県の指定金融機関等に預金口座をお持ちの方であれば,どなたでも利用できます。
 対象となる金融機関はこちらです。
  (ただし,ゆうちょ銀行の口座ではご利用になれません。
 以下の注意事項及び口座振替依頼書をよくお読みになり,承諾の上,お申し込み願います。

口座振替の手続き

 管轄の県税事務所預(貯)金口座振替(納付書送付)依頼書 [PDFファイル/161KB]を提出してください。 

申込期限

 自動車税: 3月31日
 個人事業税(第1期): 6月30日
 個人事業税(第2期): 9月30日
 

その他

振替日

 振替日は納期の最終日です。前日までに口座への入金をお願いします。

再申込が必要な場合

 口座振替は一度の申込で毎年継続されますが,以下の場合は改めて申込をしていただく必要があります。

  • 自動車を買い替えた場合等(自動車税)
  • 5年以上口座振替が行われない場合(金融機関の都合により口座振替をされなくなることがあります。)
  • 転居したときは,住所変更手続きがないと口座振替を行えない場合があります。口座振替の再申込は必要ありませんが,住所変更の手続きの際に口座振替で納税していた旨をお伝えください。(自動車税はこちら個人事業税はこちらにご連絡ください)

残高不足の場合

 残高不足等で振替ができなかった場合,再振替はできません。
 振替ができなかった旨の通知書と納付書を送付しますので,各県税事務所や金融機関等で納付してください。
 なお,延滞金を徴収する場合があります。 

納税証明書の送付

 領収書及び継続検査(車検)に必要な自動車税に係る納税証明書は,振替日から1週間程度で送付します。
 (金融機関によっては3週間程度かかる場合があります。) 

その他

 自動車の登録番号を記載する欄が足りない場合は,別紙に記入して提出してください。

 → 口座振替について,よくある質問はこちらをご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)