ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす選挙管理委員会事務局(市町村課内)平成30年度明るい選挙啓発ポスターコンクール入選作品

平成30年度明るい選挙啓発ポスターコンクール入選作品

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月4日更新

明るい選挙啓発ポスターコンクールの宮城県内の第二次審査会が9月26日(水曜日)に行われました。

県内から613点の応募があり小学生・中学生・高校生の作品の中からそれぞれ次の作品が入賞作品に選ばれました。

その他の作品(佳作)

小学校の部の入賞作品
順位作品講評

第1位

大崎市立岩出山小学校6年

佐々木 遥矢 さん

高画質版はこちら [その他のファイル/759KB]

ささき はるや

【講評】
  投票している様子と学校や道路,橋,公園などをうまく配置して描き,投票することで,自分の住む町づくりに参加できるというメッセージが伝わってくる作品です。明るい色調でまとめられ,投票によってつくられる町の未来が明るいものであることを連想させます。

第2位

仙台白百合学園小学校3年

濱田 萌々梨 さん

高画質版はこちら [その他のファイル/986KB]

はまだ ももり

【講評】
  多くの人が笑顔で過ごせることを願って投票している姿は,キャッチコピーの「大切な一票 みんなの笑顔」にマッチしています。だれもが笑顔で過ごすことができるようにするために,投票することが重要であるという作者の思いが伝わってきます。

第3位

山元町立山下第二小学校6年

三浦 愛友花 さん

高画質版はこちら [その他のファイル/947KB]

みうら あゆか

【講評】
 投票箱から虹と輝く星が飛び出している様子を描くことで,投票することが明るい未来につながっていくというメッセージが伝わってきます。配色に工夫が見られ,鮮やかに仕上がっている作品で,ポスターとしての役割にぴったりです。

 

中学校の部の入賞作品
順位作品講評

第1位

石巻市立青葉中学校1年

宮守 うらら さん

高画質版はこちら [その他のファイル/761KB]

みやもり うらら【講評】
 「想いを込めた私の一票」という言葉にぴったりの女子生徒の表情が印象的な作品です。背景の青空に虹が出て,風船が飛んでいる様子を描くことで,夢や希望が膨らむ未来を想像させます。投票することで,明るい未来をつくっていこうという作者の思いが伝わってきます。

第2位

宮城県仙台二華中学校2年

菊地 咲弥 さん

高画質版はこちら [その他のファイル/1.18MB]

きくち さや【講評】
 星空と街明かりの対照が素敵な作品です。丁寧な彩色も見事です。自分の思い描く社会を実現するために願うのは星ではなく,投票することであるというメッセージが強く伝わってきます。

第3位

川崎町立川崎中学校3年

北 そら さん

高画質版はこちら [その他のファイル/1.03MB]

きた そら【講評】
 サッカーボールを蹴ろうとしている姿と「選挙へGO!」の文字が際立って見えるよう,配色に工夫がみられます。そのことによって,選挙に行くことの重要性をうまく伝えています。
高等学校の部の入賞作品
順位作品講評

第1位

宮城県宮城野高等学校1年

早水 京華 さん

高画質版はこちら [その他のファイル/819KB]

はやみず きょうか

【講評】
 少年の指差す向こうは光り輝く未来。シンプルな絵ですが,その未来は投票によって決められるという強いメッセージを受け取ることができます。投票することの重要性を訴えている作品です。