ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

すばらしいみやぎを創る協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月6日更新

すばらしいみやぎを創る協議会とは

 活力ある個性的で心豊かなすばらしいみやぎを創る運動(県民運動)を推進することを目的としています。
明るく、住みよく、安全で安心な地域社会の実現を目指して、関連団体等との情報交換や交流の促進を図り
ながら、次に掲げる4つの運動の柱をテーマに活動を展開しています。
【4つの運動の柱】

  1. 安全で安心なまちを創る運動
  2. 心の通い合う地域を創る運動
  3. 美しい生活環境を創る運動
  4. 地域文化を大切にする運動

  これまでの活動を継続しながら、東日本大震災によって被害にあった宮城の再生に向けて、県民1人ひとりが
主役となり、多様な活動主体が協働連携して地域社会の絆を深めることができるよう復興支援活動を行います。

各種事業紹介

「みやぎ花のあるまちコンクール」実施について
※平成29年度の募集は終了しました

応募方法

花づくりや環境整備の状況を申込書に記入し、カラー写真10枚程度(花や緑の豊かな様子5枚、作業の様子5枚)を添えて提出してください。

応募先

すばらしいみやぎを創る協議会
〒980-8570
仙台市青葉区本町三丁目8-1
宮城県環境生活部共同参画社会推進課内

審査基準

本コンクールでは、以下3つの項目に基づいて審査が行われます。

  • 地域(仮設住宅・災害公営住宅等を含む)での協力・交流
  • 企画・デザイン性
  • その他、特に評価できる点や努力が認められる点など

審査

審査会において書類審査の上、次のとおり入賞団体等を決定します。
※ただし、過去3年間に本コンクールにおいて最優秀賞を受賞した団体は対象としませんので御了承ください。

  • 最優秀賞1団体・・・・・・・・・・賞状および商品券を贈呈
  • 優秀賞2団体・・・・・・・・・・・・賞状および商品券を贈呈
  • 仮設住宅・災害公営住宅コミュニティづくり賞2団体・・・・・・・・・・・・賞状および商品券を贈呈
  • 審査員特別賞2団体・・・・・・賞状および商品券を贈呈

表彰

表彰は平成29年11月17日(金曜日)ホテルメトロポリタン仙台で開催される第51回すばらしいみやぎを創る運動「県民のつどい」において行い、賞状および記念品を贈呈します。

推薦団体について

推薦団体がある場合は記入してください。推薦団体とは、市町村もしくはすばらしいみやぎを創る市町村等協議会となります。
※推薦団体がいない場合は記入不要です。

応募締切

平成29年9月15日(金曜日)まで(郵送の場合は当日消印有効)

その他

応募者には参加賞(花の種)を贈呈します。
御提出いただいた写真については、広報のためにホームページやパンフレット等に掲載させていただくことがありますので、あらかじめ御了承願います。

 
 

  ◆平成29年度みやぎ花のあるまちコンクール入賞者
 

  • 最優秀賞 崎浜長命クラブ(気仙沼市)

     
  • 優秀賞 鷹巣花と緑の会(白石市)

     
  • 優秀賞 東南町行政区花の会(角田市)

     
  • 審査員特別賞 上郡山自治会館運営委員会(白石市)

     
  • 審査員特別賞 このゆびとまれプロジェクト(白石市)

     
  • 審査員特別賞 「高森花植えネットワーク」連絡協議会(仙台市)

     
  • 審査員特別賞 藤尾三区花の会(角田市)

     

すばらしいみやぎを創る震災復興支援活動

 率先して復興支援活動に取り組む当協議会の構成員等へ支援を行います。

安全で安心なまちづくり活動を行う団体への支援

 安全・安心まちづくりを行う団体へ活動に必要な防犯用品の貸与を行います。

すばらしいみやぎを創る運動「県民のつどい」開催

 県内各地でまちづくりを行っている県民の皆様が参加し、長年すばらしいみやぎを創る運動に功績のあった
「運動功績者」や「みやぎ花のあるまちコンクール入賞者」の表彰を行っています。
 また、地域づくりの活動紹介や講演を通じて各地域におけるまちづくりの参考にしていただいております。
 【開催日】
 日時 平成29年11月17日(金曜日)午後1時30分から
 場所 ホテルメトロポリタン仙台 3階「曙の間」

つどい1
鎌田会長より受賞者に表彰状を授与

つどい2
特定非営利活動法人にじいろクレヨン
理事長 柴田滋紀様の活動紹介

つどい3
一般社団法人日本防犯学校
学長 梅本正行様の記念講演

↓パンフレットをダウンロードできます。
第51回すばらしいみやぎを創る運動「県民のつどい」パンフレット [PDFファイル/2.24MB]
 

平成29年度すばらしいみやぎを創る運動功績者
個人の部

  • 安倍 優(大崎市)
  • 加藤 博(色麻町)
  • 木下 義雄(涌谷町)
  • 高橋 愛子(仙台市)
  • 竹中 正徳(大崎市)
  • 名生 東右(登米市)

団体の部

  • 鬼首神楽保存会(大崎市)
  • 北方地区コミュニティ推進協議会(登米市)
  • 高蔵寺ホタルの里づくり事業推進委員会(角田市)
  • 佐沼地区コミュニティ推進協議会(登米市)
  • 多賀城工場地帯連絡協議会(多賀城市)
  • 多賀城市食生活改善推進員協議会(多賀城市)
  • 新田地区コミュニティ推進協議会(登米市)

省資源・省エネルギー運動

 省エネルギー政策を推進するため、各種資料を配付して運動の啓発に努めています。

安全で安心なまちを創る運動の啓発・推進

 宮城県との協働により、広報紙等の配布を通じて、県民の皆様が安全で安心して暮らせるまちの実現に向け、
啓発活動を行っています。

まちづくり情報紙「エール」の発行

 各団体の皆様が県内各地で実施されている復興支援活動や地域づくり・まちづくり活動を紹介する情報紙を
年1回発行しています。

まちづくり団体への支援

 【宮城県生活学校連絡協議会】
 生活学校とは、主婦の立場から身近な生活・地域課題を「対話」によって解決していくことを目指して昭和40
年にスタートしたもので、現在では男性のメンバーも加わって活動しています。
 宮城県生活学校では、平成29年度の基本テーマに「高齢者の居場所づくりと高齢者支援」「東日本大震災
からの復興支援活動の実施」を掲げ活動しています。各地域の生活学校16校も独自の活動を進め、地域に
密着した活動として身近な暮らしの中の問題解決に向けて日々活躍しています。

関係資料へのリンク

関係団体へのリンク

すばらしいみやぎを創る協議会への問い合わせ先

〒980-8570仙台市青葉区本町三丁目8番1号
宮城県環境生活部共同参画社会推進課内
Tel022-211-2576 Fax022-211-2392
E-mail:subamiya@pref.miyagi.lg.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)