ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

企業局の事業概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

本文へジャンプ企業局の事業概要

公営企業ってなに?

県や市などの地方公共団体が住民の方々の福祉の増進を目的として、「地方公営企業法」に基づいて経営する企業のことです。
宮城県企業局は、宮城県が経営する地方公営企業です。

一般行政との違いは?

住民の方々の福祉の増進を目的としている点は企業局も同じですが、違う点がいくつかあります。

  1. 民間の会社と同様に「経済性」が求められます。
  2. 独立採算制をとっており、事業の料金収入などで事業を経営しています。
  3. 事業運営の代表者は知事でなく公営企業管理者です。

企業局はどんな仕事をしているの?

水道用水供給事業:県内9市15町1村に水道用水を供給しています。ライフラインの一部として、重要な役割を担っています。
工業用水道事業:仙塩地区及び大崎地区の各企業に工業用水を供給しています。
地域整備事業:仙台港国際ビジネスサポートセンター「アクセル」の管理・運営を行っています。

企業局の組織

1つの課と1つの室、2つの地方機関で業務を行っています。

企業局の組織図

各機関の業務概要・連絡先はこちら