ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

原子力損害賠償紛争審査会による指針について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月15日更新

(1)原子力損害賠償紛争審査会

 原子力損害賠償紛争審査会は,原子力損害賠償法に基づいて,文部科学省に設置される第三者機関であり,学識経験者により構成されています。審査会では,損害賠償に関する円滑な話し合いと合意形成のために,原子力損害の範囲などを明確化する指針を策定するほか,和解の仲介を行います。

(2)中間指針 〔平成23年  8月  5日〕

 原発事故による被害者と東京電力(株)との損害賠償に関する円滑な話し合いと合意形成のために,平成23年8月5日に,「東京電力株式会社が賠償すべき損害」についての「中間指針」が示されました。
 「中間指針」は,原子力事故が収束していない中で,賠償すべき損害として類型化が可能なものを示したものであり,「中間指針」で触れなかったものでも,損害賠償の対象となる場合があるとされています。
 また,現時点においても原子力事故が収束していないことから,今後の事故による被害の拡大や,収束による避難指示等の解除の状況等に照らし合わせ,必要に応じて,追補が策定されています。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針

 ・中間指針 [PDFファイル/843KB]
 ・中間指針の概要 [PDFファイル/1.33MB]
 ・中間指針に関するQ&A集
   <目次> [PDFファイル/276KB]
   <総論> (問1~問14) [PDFファイル/271KB]
   <避難住民の方向け> (問15~問69) [PDFファイル/424KB]
   <企業等事業者の方向け> (問70~問126) [PDFファイル/425KB]
   <農林漁業・食品産業の方向け> (問127~問142) [PDFファイル/254KB]
   <自治体関係者向け> (問143~問146) [PDFファイル/216KB]
   <その他> (問147~問151) [PDFファイル/218KB]

(3)中間指針追補〔平成23年12月  6日〕

 平成23年12月6日に,自主的避難等に係る損害についての「中間指針追補」が示されました。

東京電力株式会社福島第一,第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針追補

(4)中間指針第二次追補 〔平成24年  3月16日〕

 平成23年3月16日に,政府による避難区域等の見直し等に係る損害についての「中間指針第二次追補」が示されました。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針第二次追補 (政府による避難区域等の見直し等に係る損害について)

(5)中間指針第三次追補 〔平成25年  1月30日〕

 平成25年1月30日に,農林漁業・食品産業の風評被害に係る損害についての「中間指針第三次追補」が示されました。

原子力損害の判定等に関する中間指針第三次追補(農林漁業・食品産業の風評被害に係る損害について)

(6)中間指針第四次追補 〔平成25年12月26日〕

 平成25年12月26日に,避難指示等の長期化等に係る損害についての「中間指針第四次追補」が示されました。

原子力損害の判定等に関する中間指針第四次追補(避難指示の長期化等に係る損害について)

※詳しくは下記リンクをご覧ください。
【関連リンク】


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)