ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

PM2.5関連情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

PM2.5濃度に関するお知らせ

現在、PM2.5高濃度に関する注意喚起は行われておりません。

* PM2.5(微小粒子状物質)とは
大気中に漂う粒径2.5μm(1μm=0.001mm)以下の微小な粒子のことです。粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30 程度),肺の奥深くまで入りやすく,肺がん,呼吸系への影響などが懸念されています。

* PM2.5に係る環境基準(平成21年9月9日環境省告示第33号)
環境基準とは,環境基本法第16 条第1項に基づく人の健康を保護する上で維持されることが望ましいとされている基準。PM2.5については,1年平均値が15μg/m3 以下(長期基準)であり,かつ,1日平均値が35μg/m3 以下(短期基準)であること。
※ 短期基準に関する評価は,測定結果の1日平均値のうち年間98パーセンタイル値を代表値として選択して,これを短期基準(1日平均値)と比較する。

PM2.5については,不明な点も多いため,今後情報を集めて正式な対応について検討することとしております。
国の「注意喚起のための暫定的な指針」等を踏まえ,宮城県での当面の対応は以下のとおりとします。

高濃度になった場合の当面の対応 [PDFファイル/169KB](平成27年4月1日)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)