ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす中小企業支援室BCP(事業継続計画)について

BCP(事業継続計画)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

BCPって何?

 BCP(Business Continuity Planの略。国内名称は、事業継続計画または緊急時企業存続計画)とは、想定外の事態が発生した場合、どのように企業の重要な事業を停止せずに継続していくか(あるいは早期に再開させるか)、その方法や手順を記載した経営計画・戦略のことです。

BCPのメリットって何?

 迅速に事業を再開(継続)できることで、事業の中断による売上減、また、顧客・取引先の流出やマーケットシェア縮小といった中長期的な損失などを最小限に抑えることに役立ちます。
 また、サプライチェーンに組み込まれている中小企業にとっては、取引先へ緊急事態にも強い企業体質をアピールでき、競合他社との差別化、つまり企業価値の向上にも役立つものとして注目されてきています。

BCPはどうやってつくるの?

 中小企業の皆さまがBCPに取りくむステップとしていただくため、宮城県ではみやぎ企業BCP策定ガイドラインを策定しました。

BCPの概念の画像

県内企業のBCP策定への取組状況について

県内企業の東日本大震災における事業継続・復旧状況等に関するアンケート結果 について(平成24年度)

BCPの概要について,県担当者がお話しに伺います(県の出前講座の1メニュー)

BCP策定セミナー等を年に数回開催しております。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)