ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

黄金伝説展

展覧会概要

この世で最も美しく貴い色「黄金」、
黄金へのあこがれはやがて伝説となった。

黄金ははるか神話の時代から今日にいたるまで、人々を魅了し続けています。とりわけ古代世界では、金は希少価値が極めて高く、権力や富、欲望を反映する、社会の一端を映す鏡でもありました。
この展覧会では、6千年前の世界最古の金、黒海沿岸のヴァルナの遺跡の復元や、世界遺産から発掘され、日本初公開となるトラキアの絢爛豪華な金製品、燦然と輝く金細工の最高峰、エトルリアの遺品など、古代地中海地域に花開いた文明が生み出した、金の傑作の数々をご覧いただきます。まばゆいばかりの金の遺宝と、金にまつわる神話画をあわせて展示し、金に魅了されてきた人間たちの歴史を紐解きます。


黄金伝説展 特設サイト

 

会  期2016年1月22日(金)- 3月6日(日)
休  館毎週月曜日
料  金一般1,500円(1,400円),学生1,300円(1,200円),小・中学生,高校生800円(700円)
( )内は20名以上の団体料金
前売券一般1,300円,学生1,100円,小・中学生,高校生600円
前売券販売所 (10月31日から1月21日までの販売です。)
宮城県美術館,藤崎,仙台三越,さくら野百貨店仙台店,
ローソンチケット(Lコード:24904)
セブンチケット http://www.sej.co.jp/products/tickets/
チケットぴあ(Pコード:767-112),
イープラス http://eplus.jp
日専連カウンターアエル店,ニッセンレン・テラス セルバ店,
河北新報販売店,TBCオンラインチケット
みやぎ生協共同購入部
主  催宮城県美術館,河北新報社,TBC東北放送
後  援外務省,文化庁,イタリア大使館,オランダ王国大使館,ギリシャ大使館,
ドイツ連邦共和国大使館,ブルガリア共和国大使館,仙台市教育委員会,
IBC岩手放送,テレビユー山形,テレビユー福島
特別協賛住友金属鉱山
協  賛富士通
協  力アリタリア-イタリア航空,エールフランス航空,KLMオランダ航空

 

 

関連事業

 

 

講演会:「地中海の黄金―伝説と歴史と発見」

講  師芳賀京子(東北大学准教授)
日  時2月13日(土) 午後2時~(90分程度)
会  場アート・ホール
料  金無料
申  込不要

 

 

展示解説

 

 

講  師当館学芸員
日  時1月31日(日)     午後 2 時~(30分程度)
 2月11日(木・祝)  午後 2 時 ~(30分程度)
 2月21日(日)     午後 2 時 ~(30分程度)
会  場アート・ホール
料  金無料
申  込不要

 

 

 まちなか美術講座:「黄金をめぐる物語」

 

 

講  師宮坂敦子(当館学芸員)
日  時2月6日(土) 午後1時30分~
会  場東北工業大学一番町ロビー4階ホール
(仙台市青葉区一番町1-3-1 ニッセイ仙台ビル)
料  金無料
申  込不要
 >>  詳しくはこちら 


ヴァルチトラン遺宝

《ヴァルチトラン遺宝》
紀元前14世紀後半-紀元前13世紀初頭
ブルガリア、ヴァルチトラン出土
ソフィア国立考古学研究所・博物館
Photograph:National Institute of Archaeology with Museum – Sofia, Bulgaria

 腕輪

《腕輪》
紀元前675年-紀元前650年 
イタリア、チェルヴェテリ、ソルボ墓地、レゴリーニ・ガラッシの墓出土
ヴァチカン美術館
foto ©musei vaticani - tutti i diritti riservati

首飾り

《首飾り》
紀元前4世紀
イタリア、オルヴィエート
ヴィラ・ジュリア国立考古学博物館(ローマ)カステッラーニ・コレクション
©Immagine della Soprintendenza Archeologia del Lazio e dell’Etruria Meridionale

金の羊毛

ハーバート=ジェイムズ・ドレイパー
《金の羊毛》
1904年頃
ブラッドフォード美術館
©Bradford Museums and Galleries

人生は戦いなり(黄金の騎士)

グスタフ・クリムト
《人生は戦いなり(黄金の騎士)》
1903年
愛知県美術館