ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす社会福祉課新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付について

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月1日更新

  宮城県社会福祉協議会では,今般発生した新型コロナウイルス感染症の影響により,収入減少があった世帯の資金需要に対応するため,生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金及び総合支援資金(生活支援費)の特例貸付を下記のとおり実施しておりますので,お知らせいたします。 

 生活福祉資金貸付制度の概要についてはこちらへ

1 受付期間

 令和2年3月25日(水曜日)から令和2年12月末日まで(予定)

2 申し込み窓口

  ◆県内の市町村社会福祉協議会

 市町村社会福祉協議会問い合わせ先一覧 [PDFファイル/341KB]
 

 緊急小口資金の特例貸付につきましては,県内の市町村社会福祉協議会に加え,東北労働金庫各店舗及び一部の郵便局で受付等を行っておりましたが,労働金庫及び取扱郵便局の受付等は9月30日(水曜日)で終了しております。

 これにより,10月1日(木曜日)以降のお申込み窓口対応等は,お住まいの地域の市町村社会福祉協議会のみとなっておりますので,お知らせいたします。

 

3 特例貸付内容

(1)緊急小口資金

貸付対象

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け,休業等により収入の減少があり,緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

貸付上限額

 10万円以内(学校等の休業,個人事業主等の特例の場合20万円以内)

据置期間

 1年以内

償還期限

 2年以内

(2)総合支援資金

貸付対象

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け,収入の減少や失業等により生活に困窮し,日常生活の維持が困難となっている世帯

貸付上限額

 (2人以上) 月20万円以内

 (単  身) 月15万円以内

貸付期間

 原則3月以内

据置期間

 1年以内

償還期限

 10年以内

4 貸付利子・保証人

 無利子・不要

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)