ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす水産業基盤整備課コイヘルペスウイルス(KHV)病とは

コイヘルペスウイルス(KHV)病とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月7日更新

コイヘルペスウイルス(KHV)病とは

原 因

 病原体は,koi herpesvirus(KHV)とよばれるウイルスで,マゴイとニシキゴイだけに感染します。

 ※ このウイルスはコイ以外の魚やヒトに感染することはありません。

    仮に感染しているコイを食べても人体に影響はありません。

症 状

 行動が鈍くなり,餌の食いが悪くなりますが,目立った外部症状は少なく,鰓の退色やただれ等が見られる程度で,死亡率が高いのが特徴です。

発生水温

 18~25℃くらいのときに最も発生しやすくなります。

潜伏期間

 2~3週間とされています。

治療法

 現在のところ,治療法はありません。

その他

 1998年にイスラエルやアメリカでコイの大量死があり,2000年にこれが新しいウイルス(KHV)が原因であると発表されました。その後,ヨーロッパやインドネシア等でも発生が確認されました。

 日本では,2003年に茨城県霞ヶ浦の養殖場で我が国で最初に確認され,その後,全国にまん延し,全都道府県で確認されています。
  
 コイヘルペスウイルス(KHV)はコイ以外の魚には感染しませんが,水や容器を通じて広がる恐れがあります。病気のまん延防止には,早期発見と感染魚の適切な処置が重要です。