ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境生活衛生クリーニング令和元年度クリーニング師研修・業務従事者講習について

令和元年度クリーニング師研修・業務従事者講習について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月23日更新

クリーニング師研修の開催日程・場所

開催年月日会場名所在地予定人員
クリーニング師研修の開催日程・場所の表
令和元年 8月20日(火曜日)宮城県建設産業会館仙台市青葉区支倉町2-4822人
令和元年 9月 9日(月曜日)宮城県大崎合同庁舎大崎市古川旭4-1-115人
令和元年10月 7日(月曜日)宮城県大崎合同庁舎大崎市古川旭4-1-120人
令和元年11月10日(日曜日)宮城県建設産業会館仙台市青葉区支倉町2-4830人
合計4回 延べ87人

業務従事者に対する講習の開催日程・場所

開催年月日会場名所在地予定人員
業務従事者に対する講習の開催日程・場所の表
令和元年 8月20日(火曜日)宮城県建設産業会館仙台市青葉区支倉町2-4835人
令和元年 9月 9日(月曜日)宮城県大崎合同庁舎大崎市古川旭4-1-120人
令和元年10月 7日(月曜日)宮城県大崎合同庁舎大崎市古川旭4-1-120人
令和元年11月10日(日曜日)宮城県建設産業会館仙台市青葉区支倉町2-4850人
合計4回 延べ 125人

通信制で行うクリーニング師の研修及び業務従事者に対する講習の受付期間等

クリーニング師の研修及び業務従事者に対する講習の受付期間等に係る表
  受付開始年月日     受付締切年月日   レポート提出締切年月日
令和元年11月1日

令和元年11月20日

令和元年12月11日

研修及び講習の科目

  • 衛生法規及び公衆衛生
  • 洗濯物の受取、保管及び引渡し
  • 洗濯物の処理
  • 繊維及び繊維製品
    (別途レポート提出)  

受講料

  • クリーニング師研修受講料  5,000円
  • 業務従事者講習受講料    4,500円 

問い合わせ・申込み先

公益財団法人 宮城県生活衛生営業指導センター

根拠法令

クリーニング師研修 

クリーニング業法第8条の2

  1. クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は、厚生労働省令で定めるところにより、 都道府県知事が 厚生労働大臣の定める基準に従い指定したクリーニング師の資質の向上を図るための研修を受けなければならない。
  2. 営業者は、そのクリーニング所の業務に従事するクリーニング師に対し、前項に規定する研修を受ける機会を与えなければならない。

クリーニング業法施行規則第10条の2

  1. クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は、業務に従事した後1年以内に法第8条の2の規定による研修(以下「研修」という。)を受けるものとする。
  2. クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は、前項の研修を受けた後は、3年を超えない期間ごとに研修を受けるものとする。

クリーニング業務従事者講習

クリーニング業法第8条の3

  1. 営業者は、厚生労働省令で定めるところにより、その業務に従事する者に対し、都道府県知事が厚生労働大臣の定める基準に従い指定した当該業務に関する知識の修得及び技能の向上を図るための講習を受けさせなければならない。

クリーニング業法施行規則第10条の3

  1. 営業者は、クリーニング所の開設の日又は無店舗取次店の営業開始の日から1年以内に、当該クリーニング所又は無店舗取次店のクリーニング業務に関する衛生管理を行う者として、その従事者の中からその従事者の数に5分の1を乗じて得た数(その数が1に満たないときは1とし、その数に1に満たない端数を生じたときは、その端数を1として計算する。)の者を選び、その者に対し法第8条の3の規定による講習(以下「講習」という。)を受けさせるものとする。
  2. 営業者は、前項の講習を受けさせた後は、3年を超えない期間ごとに前項と同様の方法で選んだ者に対し講習を受けさせるものとする。
  3. 前2項の場合において、前条の規定により研修を受けたクリーニング師は、講習を受けたものとみなす。