ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年度クリーニング師試験について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月12日更新

令和元年度クリーニング師試験は終了いたしました。

クリーニング所(洗たく物の受取や引渡のみを行う店舗を除く。)には,クリーニング師を置くことが法律で定められています(クリーニング業法第4条)。
クリーニング師の免許は都道府県知事が行う試験に合格した方に与えられます。

(参考)令和元年度クリーニング師試験

1.試験日時

令和元年10月10日 木曜日

  • 学科試験:午前10時30分から正午まで
  • 実地試験:午後1時から午後5時まで

2.試験会場

宮城県自治会館 (仙台市青葉区上杉一丁目2番3号)

3.試験科目

学科試験

  1. 衛生法規に関する知識
  2. 公衆衛生に関する知識
  3. 洗たく物の処理に関する知識

実地試験

次に掲げる洗たく物の処理に関する技能

  1. 洗たく物の取扱い
  2. 繊維の鑑別
  3. 薬品の取扱い

 ※実地試験の詳細についてはこちら

 ※令和元年度クリーニング師試験実施要領についてはこちらからダウンロード可能です。 [PDFファイル/402KB]

 

4.受験資格

  1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第57条に規定する者
  2. クリーニング業法の一部を改正する法律(昭和30年法律第154号)附則第5項の規定により学校教育法第57条に規定する者とみなされた者

5.受験手続

願書配布場所

県保健所・支所及び県庁食と暮らしの安全推進課で配布しております。
受験願書等はこちらからもダウンロード可能です。(A4サイズの白紙に印刷してご記入ください。)

受験願書受付期間等

令和元年8月21日 水曜日 から令和元年8月30日 金曜日 まで
午前9時から午後5時まで
(郵送の場合は,令和元年8月30日付けの消印があるものまでを有効とする。)

※願書の提出期限を過ぎた場合は受付できません。

願書の提出先

直接提出する場合

  • 営業所の所在地(営業所のないときは,住所地。以下同じ。)を所管する県保健所・支所
  • 仙台市又は県外の区域に営業所の所在地を有する方は,宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課

郵送の場合

  • 宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課

【注 意】

  • 受験願書の記入については,訂正が容易に行える筆記用具を使用しないこと。
  • 受験願書を郵送する場合は,封筒の表に「クリーニング師試験受験願書在中」と朱書きして,「簡易書留郵便」等の確実な方法により郵送してください。
  • なお,郵送による場合の提出先は,宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課とし,令和元年8月30日金曜日までの消印のあるものに限り受け付けます。

提出書類

  1. 受験願書
  2. 履歴書
  3. 写真(縦9cm×横7cmの大きさで,出願前6か月以内に撮影した正面・上半身・無帽・無背景(スナップ写真は不可)のもので,その裏面に氏名及び生年月日を記入の上,写真貼付用紙に貼り付けること。)
  4. 受験資格を証する書類(中学校又は高等学校の卒業証書の写し又は卒業証明書等。ただし,当該書類が外国語による記載の場合は日本語による翻訳文を添付すること。)
  5. 4に掲げる書類に記載された氏名を変更した者にあっては,戸籍抄本又は戸籍個人事項証明書
  6. 外国籍を有する者は,住民票の写し(住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第30条の45に規定する国籍等を記載したものに限る。)

   ※提出書類に不備がある場合には受付できないことがあります。

受験手数料

10,000円(宮城県収入証紙を受験願書にはり付けて納入すること。)
 ※収入証紙の取扱い売りさばき所等詳細についてはこちら

実地試験について

科目

イ 洗たく物の取扱い      所要時間8分

 【採点項目】

 1. アイロン等の取扱い

  • アイロンの温度確認
  • アイロンの運び方

 2. 作業工程

   1) アイロンがけの手順

     (えり,そで又はカフス) → (前身頃又は後ろ身頃) → 肩     

                        ※(  )内は順不同とする

   2) カフスの作業手順

     「裏→表」の順でアイロンを両面にあてているか

   3) えりの作業手順

     「裏→表」の順でアイロンを両面にあてているか

 3. 仕上がり

   1)えり

   2)背中のサイドプリーツ

   3)ヨーク

   4) そでの仕上がり

  • 「本カフス仕上げ」であるか
  • そでのタックの仕上げは適切か

   5) 乾き具合

   6) しわの処理

 

  【使用器具】

  使用するアイロン、ワイシャツ、ハンガーは県で準備する。

  • 電熱アイロン(温度調節機能付き)
  • ワイシャツ(綿 35%,ポリエステル 65%,サイドプリーツのあるもの)
  • ハンガー(金属製)

ロ 繊維の鑑別      所要時間5分

羊毛(ウール),ポリエステル,絹,レーヨン,合成皮革,綿,天然皮革,麻,指定外繊維(テンセル)の鑑別

ハ 薬品の取扱い      所要時間4分

シュウ酸,酢酸,次亜塩素酸ナトリウム,ハイドロサルファイト,ラッカーシンナー,石油系溶剤,アンモニア水,過炭酸ナトリウム,コーンスターチ,メタ珪酸ナトリウム,ポリ酢酸ビニルの鑑別とその用途

二 携行品等

ホ 失格要件

(1) 試験終了の合図があった後も作業を続けていた場合

(2) 「イ 洗たく物の取扱い」について,(1)のほか,以下の場合を失格とする。

  • 「立体仕上げ」にされていない場合
  • 「ワイシャツが焦げている」等の技術水準が不適格な場合

 令和元年度クリーニング師試験実施要領についてはこちらからダウンロード可能です [PDFファイル/402KB]

合格発表について

令和元年11月12日火曜日 午前10時
宮城県庁行政庁舎1階消費生活センター前掲示板,各保健所・支所(仙台市の保健所を除く。)の掲示板及び当課ホームページ上に受験番号を掲載して発表します。
合格者にはその旨を通知します。

合格者はこちらです。

平成27年度以降に宮城県で実施した試験問題等を公表しています。(問題及び正答を公表しております。)

>>クリーニング師試験に係る問題及び正答はこちらです。

なお,公表は以下の場所でも行っており,閲覧及びコピー(有料)が可能です。
宮城県庁:県政情報センター
県合同庁舎(仙台合同庁舎を除く。):県政情報コーナー


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)