ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業産業支援・企業支援先端・次世代産業~県内では24年ぶりの新規指定~ 「仙台箪笥」が経済産業大臣指定の伝統的工芸品になりました!

~県内では24年ぶりの新規指定~ 「仙台箪笥」が経済産業大臣指定の伝統的工芸品になりました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月22日更新

 宮城県の伝統的工芸品として指定されている「仙台箪笥」が,平成27年6月18日に伝統的工芸品産業の振興に関する法律に定める伝統的工芸品として,経済産業大臣に指定されました。これにより,県が誇る伝統的工芸品「仙台箪笥」が全国に広く認知され,県内の伝統的工芸品産業の振興にも大きな弾みがつくことが期待されます。
 県内の伝統的工芸品に係る経済産業大臣の指定は,宮城伝統こけし,雄勝硯,鳴子漆器に次いで4番目,約24年ぶりとなります。

指定(官報告示)年月日

 平成27年6月18日

指定を受けた者

 仙台箪笥協同組合

仙台箪笥の概要 

仙台箪笥の画像

 江戸時代末期から製造されはじめ,明治大正にかけて現在の仙台箪笥が定着。
 4尺箪笥が原型で,木地は欅を主体とし,木地呂塗り(半透明で木地の木目が透かし見える漆塗りの技法)で仕上げ,牡丹や唐獅子などの模様の手打ち金具で装飾しており,堅牢で重厚。
 県では,平成2年3月に宮城県伝統的工芸品として指定。

指定のメリット

  •  国の伝統的工芸品産業支援補助金の活用
  •  一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会が実施する各種支援事業の活用

その他

  詳しくは,以下のウェブサイトを御覧ください。