ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす震災復興政策課行政評価の仕組み(行政評価の目的)

行政評価の仕組み(行政評価の目的)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月2日更新

1 行政評価の目的

(1)説明責任の徹底

  県は,県民の信託を受けて県政を運営しているのであり,その行ったこと,行おうとしていることについて,県民に情報を提供し,納得できるように十分説明する義務と責任があります。
  行政評価により,県政の運営状況を客観的なデータ等により県民に理解しやすい説明を行うことを基本として,説明責任を全うすることを目指します。

(2)行政運営における企画立案過程等の透明性の確保

  行政評価により,県の施策や事業などの企画立案及びそれに伴う予算編成等の,行政上の意思決定にかかる内容及び過程に関する情報について,県民にとって常に明らかである状態を形成することを目指します。

(3)行政運営における効率性と質の向上

  行政評価により,行政運営上,最小限の労働,予算,物質等の投入量で,最大限の成果を上げることを目指します。

(4)県民の視点に立った成果重視の行政運営の推進

  「説明責任の徹底」,「行政運営における企画立案過程等の透明性の確保」,「行政運営における効率性と質の向上」を通じて,これまでの「何をやったか」中心の行政運営から「どのような効果を上げたのか」中心の行政運営に転換を図り,更に推進することを目指します。

行政評価の目的のイメージ図

 

 

 

 

 

 

←行政評価の仕組みの目次へ移動します