ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業経営収入保険制度についてお伝えします

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

農業経営収入保険制度について

農業経営収入保険制度は、農産物の品目の枠にとらわれず、自然災害による収量減少だけでなく、価格低下なども含めた収入減少を補てんする保険です。これにより、収益性の高い新規作物の生産や新たな販路の開拓等にチャレンジするなど、意欲ある農業経営者の取組の促進が期待されます。

この制度は平成31年1月から開始されており、加入申請の受付は、宮城県内にお住まいの方については、宮城県農業共済組合の各支所で行われています。

加入対象者

 青色申告を行っている農業者(個人・法人)が対象です。青色申告(簡易な方式を含む)の実績が1年分あれば加入できます。

補償対象

 農業者が自ら生産した農産物の販売収入全体が対象です。(所得ではありません) 

収入保険の補償対象

補償内容【基本のタイプ】

 保険期間の収入が基準収入の9割(5年以上の青色申告実績がある場合の補償限度額の上限)を下回った場合に、下回った額の9割(支払率)を上限として補てんされます。

保険料・積立金

 農業者は、保険料・積立金を支払って加入します。(保険料・積立金の他に付加保険料(事務費)の支払いが必要です。)

 ※保険料は掛捨てになります。保険料率は、補償限度80%の場合、保険金額の概ね1.08%(50%の国庫補助後)で、自動車保険と同様に、保険金の受取がない方は、保険料率が下がっていきます。

 ※積立金には、75%の国庫補助があります。これは自分のお金であり、補塡に使われない限り、翌年に持ち越されます。

 ※税務申告上、保険料及び付加保険料(事務費)は、必要経費(個人)又は損金(法人)に計上します。積立金は、預け金として取り扱います。

収入保険の加入方式(基本タイプ)

令和2年1月からは、補償の下限を選択することで、最大約4割安い保険料で加入することができるようになりました。

保険料の安いタイプが出来ました
保険料の安いタイプ(イメージ図)

加入スケジュールについて

加入・支払手続等のスケジュール
加入・支払等手続のスケジュールのイメージ

《スケジュールに関する留意事項》

・保険期間は税の収入の算定期間と同じです。

・法人の保険期間は、事業年度の1年間です。事業年度の開始月によって、スケジュールが変わります。

その他

 農業経営収入保険制度と、既存の農業共済、ナラシ対策、野菜価格安定制度などの類似制度は、重複加入することができませんので、どちらかを選択して加入することになります。

 なお、令和3年1月からは当分の間の特例として、野菜価格安定制度の利用者が農業経営収入保険制度に加入する場合、収入保険と野菜価格安定制度を同時利用(1年間)することができます。

 農業経営収入保険制度と類似制度の掛金や補てん金の簡易な比較を行う場合は、こちら(宮城県農業共済組合のホームページの「収入保険と類似制度の比較シミュレーション提供」のページにリンクします)をご利用ください。

 

より詳しい農業経営収入保険制度についてのお問合せは、お近くの宮城県農業共済組合までお願いします。

宮城県農業共済組合(NOSAI宮城)の連絡先
番号事務所名郵便番号所在地電話番号FAX番号
 宮城県農業共済組合本所980-0011仙台市青葉区上杉一丁目8-10022-225-6701022-262-6406
1県南支所981-1505角田市角田字町田1130224-63-20120224-63-3329
2宮城中央支所983-0821仙台宮城野区岩切字昭和東112-3022-396-3070022-396-7666
3亘理名取支所989-2301亘理郡亘理町逢隈中泉字一里原28-80223-34-50310223-34-5032
4六の国支所981-4265加美郡加美町字矢越2260229-64-13800229-64-1384
5大崎支所989-6166大崎市古川東町5-370229-22-21410229-22-2147
6栗原支所987-2203栗原市築館字下宮野中田1000228-23-71110228-23-7115
7迫支所987-0512登米市迫町森字平柳34-880220-22-84110220-22-6803
8石巻支所986-1111石巻市鹿又字曽波の神前1720225-75-23310225-75-2653

 

関連リンク

 農業経営収入保険制度の詳細については、農林水産省のホームページまたは宮城県農業共済組合のホームページをご覧ください。

 

 農林水産省 「農業保険(収入保険・農業共済)」のページ

 宮城県農業共済組合「収入保険」のページ