ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ヨーネ病検査をうけましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新

ヨーネ病とは?

 牛の炭そ,結核病,ブルセラ病などと同じ法定伝染病です。  

ヨーネ病についての表
原因

ヨーネ菌という細菌の感染

感染経路

ヨーネ病感染牛の糞便で汚染された乳汁,水,餌などを介し,経口的に感染します。また,感染した母牛から子牛への感染もあります。

症状

 ・慢性の下痢がある,または下痢を繰り返す

 ・急激な削痩

 ・泌乳量の低下または停止

注意事項

ヨーネ病に感染しても,すぐには発病しません。
(半年~数年後に発病します)

見かけ上は健康に見えるために,ヨーネ病とは知らずに導入し,感染を広めるおそれがあります。

ヨーネ病に有効なワクチンや治療法はありません。

予防法

感染牛の早期発見と淘汰を行います。

感染牛を発見した場合,法律(家畜伝染病予防法第17条)に基づき殺処分されます。また,ヨーネ病発生農家は,発生年(1年目)は年4回の血液および糞便検査を,その後は発症の有無により2年目から3年目まで年1回,家畜保健衛生所が行う検査を継続的に受ける必要があります。

対策

家畜導入には十分注意してください。

  1. ヨーネ病発生地域からの家畜導入は避ける(導入する場合は,ヨーネ病抗体検査結果(陰性証明)の確認を行ってください)
  2. 導入牛は家畜保健衛生所が行う着地検査を受ける(導入前に検査を行っていた場合でも,着地の際には再度検査を受けるようにしてください)
  3. 下痢,削痩,泌乳低下を示す牛の早期発見と淘汰(皆さんの家畜にこのような症状が少しでも見られた際は,すぐに家畜保健衛生所あるいはかかりつけの獣医師まで連絡してください)

ヨーネ病の発生状況

 本病は1930年,イギリスからの輸入牛により広まりました。1981年以降は乳牛に限らず黒毛・褐毛等の和牛でも発生が見られるようになり,検査によって全国的に摘発されています。

北海道・東北地域における発生状況の表(頭数)                農林水産省HPより引用
北海道青森岩手秋田山形福島宮城
平成21年237頭12頭13頭0頭1頭7頭13頭
平成22年245頭8頭8頭0頭1頭11頭43頭
平成23年296頭29頭7頭4頭7頭0頭16頭
平成24年316頭40頭4頭1頭0頭0頭14頭
平成25年433頭38頭18頭6頭2頭1頭17頭
平成26年657頭25頭5頭0頭3頭0頭18頭
平成27年599頭5頭0頭3頭2頭0頭8頭
平成28年518頭25頭4頭0頭1頭0頭7頭
平成29年713頭2頭19頭0頭1頭2頭6頭

ヨーネ検査を受けるには?

定期検査を受ける

着地検査を受ける

 牛を外部から購入してきたときなど,検査を自主的に受けることができます。

 ・ ヨーネ病検査手数料
抗体検査:700円血液を採取し,検査します。
遺伝子検査:4,300円糞便を採取し,検査します。より精密な検査になります。

 検査を希望する場合は,家畜保健衛生所までご連絡ください。

  本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)