ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

沿革と業務

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

北部家畜保健衛生所の沿革と業務

1.家畜保健衛生所とは?

家畜保健衛生所は地方における家畜衛生の向上を図り畜産の振興に資するため、家畜保健衛生所法(昭和25年3月18日法律第12号)により都道府県に設置されている機関です。
宮城県内には4カ所の家畜保健衛生所があります。各管轄市町村はこちら

2.北部家畜保健衛生所の沿革

北部家畜保健衛生所の沿革の表
年月日経過管轄地域
昭和25年7月大崎家畜保健衛生所が発足古川市・志田郡・加美郡・玉造郡
昭和26年10月遠田家畜保健衛生所が発足遠田郡
昭和46年8月大崎と遠田家畜保健衛生所が統配合し、古川家畜保健衛生所に改称古川市・志田郡・加美郡・玉造郡・遠田郡
(現大崎市、加美町、色麻町、美里町、涌谷町)
平成18年4月大崎家畜保健衛生所に名称変更大崎市、加美町、色麻町、美里町、涌谷町
平成20年4月北部家畜保健衛生所に名称変更。所轄区域の変更に伴い、栗原市が管轄区域に追加。

大崎市、加美町、色麻町、美里町、涌谷町
栗原市

3.北部家畜保健衛生所の業務

北部家畜保健衛生所は、指導班と防疫班の2班体制で組織されています。
また、栗原市にある北部地方振興事務所栗原地域事務所畜産振興部と一部地域を分担し、ともに業務を行っています。

北部家畜保健衛生所の業務の表
 主な業務内容区分管轄地域

指導班

  1. 家畜の改良増殖に関すること
  2. 家畜及び養蜂の振興に関すること
  3. 草地開発及び飼料に関すること
  4. 家畜市場及び家畜共進会に関すること
  5. 家畜人工授精師及び家畜商に関すること
  6. 農業金融に関すること
  7. その他畜産振興に関すること
北部家畜保健衛生所
指導班
大崎市、加美町、色麻町
美里町、涌谷町
北部地方振興事務所
栗原地域事務所畜産振興部
栗原市

防疫班

  1. 家畜保健衛生に関する思想の普及向上に関すること
  2. 家畜伝染病の予防に関すること
  3. 家畜の繁殖障害の除去及び人工授精に関すること
  4. 家畜の自衛防疫の推進に関すること
  5. 家畜の保健衛生上必要な試験及び検査に関すること
  6. 農林水産大臣の指定する疾病の予防のためにする家畜の診断に関すること
  7. 獣医事に関すること
  8. 動物用医薬品に関すること
  9. 地方特殊疾病の調査に関すること
  10. その他地方における家畜衛生の向上に関すること
北部家畜保健衛生所
防疫班
(一部栗原市を栗原地域事務所畜産振興部で担当)
大崎市、加美町、色麻町
美里町、涌谷町
栗原市