ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認可外保育施設一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月25日更新

認可外保育施設とは?

 保育を行うことを目的とする施設であって,市町村長の認可を受けていない事業または都道府県知事(政令指定都市市長,中核市市長を含む。)の認可を受けていない施設を総称して,「認可外保育施設」と呼んでいます。
 利用料の有無に関係なく,保育者の自宅で行うものや,保育者が訪問して児童の居宅で行うもの,少人数のものも含まれます。

 認可外保育施設は設置してから1ヶ月以内に所在する都道府県知事(仙台市内に開設の場合は,仙台市長)に届出をしなければいけません。                           

 宮城県では,認可外保育施設に対し,1年に1回以上「認可外保育施設指導監督基準 [PDFファイル/658KB]に基づく立入調査を実施しております。
 届出対象の認可外保育施設で,基準を全て満たしている施設には「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」を交付しています。


 認可外保育施設一覧 [PDFファイル/189KB]

※「証明書前年度発行状況」ですが,今年度より届出対象施設となった事業所内保育施設又は今年度新たに設置された施設については,現時点で未発行となっております。

※事業所内に設置されている施設など,一般の方が利用できないものがありますので,利用詳細については施設にお問い合わせください。

企業主導型保育施設について

 企業主導型保育事業とは、多様な働き方に対応した企業主導の保育サービス等を提供する事業で、内閣府が実施主体となっています。法人の事業主拠出金を活用し、運営費や施設整備について助成を受けることで、認可保育所等と同等の運営を行うことを特徴としています。複数の企業が共同で設置したり、共同で利用することができます。

 利用については,自社等の従業員のお子さんを預かる施設ですが、地域枠を設定している施設については、従業員に限らず、地域にお住いの方のお子さんをお預かりしていますので,定員や空き状況等,詳しくは各施設に直接お問い合わせください。

 また,仙台市内の施設については仙台市子ども未来局環境整備課までお問い合わせください。

認可外保育施設の選び方

 認可外保育施設を利用する時は,「建物の外観」や「保育料が安い」など見た目だけで判断せず,施設を見学し,ご自身で保育内容を確認して下さい。
 また,「よい保育施設の選び方 十か条」も参考にしながら利用する施設を選びましょう。

 各都道府県の認可外保育施設の窓口情報はこちらをご覧ください。全国にある認可外保育施設の窓口情報一覧 [PDFファイル/91KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)