ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす国際ビジネス推進室台湾向けに輸出される食品等(酒類を除く)に関する証明書の発行について

台湾向けに輸出される食品等(酒類を除く)に関する証明書の発行について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 平成27年5月15日より台湾において日本産食品の輸入規制が強化され、宮城県産の食品(酒類を除く)についても産地証明書の添付が義務づけられました。
 ※台湾の規制概要 (農林水産省ホームページ)
 本ページでは、宮城県の産地証明書の発行についてお知らせします。

対象食品

 台湾に輸出する食品(酒類を除く)で、宮城県内において生産、最終加工されたもの。

対象品目と担当部署についての表
対象品目担当課電話番号
水産物(水産加工品を含む)宮城県 水産林政部 水産業振興課 流通加工班
※申請はこちらから
022-211-2931
上記以外の食品宮城県 経済商工観光部 国際ビジネス推進室 国際ビジネス推進第二班022-211-2346


 なお、以下の品目につきましては、それぞれの担当機関にお問い合わせください。

対象品目と担当機関についての表
対象品目 担当機関電話番号
青果物などの検疫対象品目

農林水産省 横浜植物防疫所 塩釜支所
農林水産省 横浜植物防疫所 塩釜支所 仙台空港分室
農林水産省 横浜植物防疫所 塩釜支所 石巻出張所

022-362-6916
022-383-4585
0225-95-0261
畜産物などの検疫対象品目農林水産省 動物検疫所 仙台空港出張所022-383-2302 

証明内容

 以下のいずれかを証明します。

  • 宮城県内で生産された農林水産物であること。
  • 宮城県内で最終的な加工作業を行った食品であること。

食品等(水産物を除く)の申請手続き

 (1)申請者
   宮城県で生産・加工する食品を輸出しようとする者
   宮城県内に生産地又は加工施設の所在地を有する者
   ※代理人が証明書の発行を申請する場合は、輸出しようとする者が作成した委任状を提出願います。

 (2)申請方法
    申請者は申請書類を担当課に郵送または持参願います。
    なお、申請者が郵送での証明書の交付を希望する場合、返信に要する経費(返信用切手や封筒)は申請者が負担することとします。

 (3)申請先
   〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町3丁目8-1(行政庁舎10階)
   宮城県 経済商工観光部 国際ビジネス推進室 国際ビジネス推進第二班

 (4)申請書類

 (5)記載例

 詳しくは以下をご覧ください。

 宮城県から輸出される食品等(水産物を除く)に関する証明書の申請手続きについて [PDFファイル/154KB]

参考

 輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関について (農林水産省ホームページ)

 食品等に係る諸外国への輸出に関する証明書発行について(東北農政局ホームページ)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)