ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ都市計画の概要都市計画の概要/土地利用/地域地区

都市計画の概要/土地利用/地域地区

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月19日更新

用途地域

用途地域は地域地区制のうち最も基本的なもので、建築物の用途や建ぺい率、容積率、高さなどに制限を加えることにより、多種多様な用途の建築物の混在を防止して地域の性格に応じた良好な都市環境を形成することを目的として指定するものです。
用途地域は12種類に区分されています。

宮城県内の用途地域図はこちら

用途地域の種類とイメージの表
 第一種低層住居専用地域第二種低層住居専用地域第一種中高層住居専用地域第二種中高層住居専用地域
第一種低層住居専用地域第二種低層住居専用地域第一種中高層住居専用地域第二種中高層住居専用地域
低層住宅の良好な環境を守るための地域です。小規模なお店や事務所を兼ねた住宅や小中学校などが建てられます。主に低層住宅の良好な環境を守るための地域です。小中学校などのほか、150平方メートルまでの一定のお店などが建てられます。中高層住宅の良好な環境を守るための地域です。病院、大学、500平方メートルまでの一定のお店などが建てられます。主に中高層住宅の良好な環境を守るための地域です。病院、大学などのほか、1,500平方メートルまでの一定のお店や事務所など必要な利便施設が建てられます。
第一種住居地域第二種住居地域準住居地域近隣商業地域
第一種住居地域第二種住居地域準住居地域近隣商業地域
住居の環境を守るための地域です。3,000平方メートルまでの店舗、事務所、ホテルなどは建てられます。主に住居の環境を守るための地域です。店舗、事務所、ぱちんこ屋、カラオケボックスなどは建てられます。道路の沿道において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を保護するための地域です。近隣の住民が日用品の買い物をする店舗等の業務の利便を図る地域です。住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられます。
商業地域準工業地域工業地域工業専用地域
商業地域準工業地域工業地域工業専用地域
銀行、映画館、飲食店、百貨店、事務所などの商業等の業務の利便の増進を図る地域です。住宅や小規模の工場も建てられます。主に軽工業の工場等の環境悪化のおそれのない工業の業務の利便を図る地域です。危険性、環境悪化が大きい工場のほかは、ほとんど建てられます。主として工業の業務の利便の増進を図る地域で、どんな工場でも建てられます。住宅やお店は建てられますが、学校、病院、ホテルなどは建てられません。専ら工業の業務の利便の増進を図る地域です。どんな工場でも建てられますが、住宅お店、学校、病院、ホテルなどは建てられません。

用途地域内の建築物の用途制限表[PDFファイル/11KB]

特別用途地区

特別用途地区は、用途地域の土地利用規制に加えて、その地区の特有の目的に応じて規制の緩和や強化を行うことにより、土地利用の向上や環境の保護などを図るために行われるもので、市町村の条例により建築物の制限が行われます。
宮城県では、特別工業地区、文教地区、特別業務地区、大規模集客施設制限地区が指定されています。

高度地区

高度地区は、日照、通風、採光などの都市環境を維持することや土地を有効に利用するため、建築物の高さの最高限度または最低限度を定めるものです。
宮城県では、仙台市において最高限度高度地区(4種類)と最低限度高度地区を定めています。

高度利用地区

高度利用地区は、建築物の敷地等の統合を促進し、小規模建築物を抑制するとともに、建築物の敷地内に有効な空地を確保することにより、土地の高度利用と都市機能の更新を図るため定めるものです。
宮城県では、23地区(4市1町)で指定しています。

防火地域及び準防火地域

防火地域及び準防火地域は、建築物が密集している地域を対象に、火災を防除することを目的として定められます。
宮城県では、7市1町において、中心商業地や周辺の既成市街地などの防災上重要な地区を対象に指定しています。

風致地区

風致地区は、都市内の良好な自然景観を形成している地区や歴史的な人文景勝地について、建築物の建築、宅地の造成、木竹の伐採などを規制し、都市の自然景観や良好な都市環境の維持を図るために定めるものです。
宮城県では、10地区(仙台市、白石市、大崎市)で指定しています。

詳しくはこちら

駐車場整備地区

駐車場整備地区は、駐車場の整備を推進することにより、道路の効用を保持するとともに、円滑な道路交通を確保するを目的として、駐車場法に基づいて定めるものです。
宮城県では、3地区(仙台市、塩竈市)で指定しています。

臨港地区

臨港地区は、港湾を管理運営するために定められる地区であり、地区内に大規模な工場・事業場を新増設する場合などは、港湾法に基づく届出が必要となります。
宮城県では、6地区(6市2町)で指定しています。

特別緑地保全地区

特別緑地保全地区は、風致や景観が優れており、かつ地区内の住民の健全な生活環境を確保する目的で定められます。
宮城県では、仙台市において1地区指定しています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)