ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
多文化共生推進審議会
宮城県多文化共生社会推進計画
多文化共生の形成の推進に関する条例
多文化共生関連事業

「多文化共生対談inいしのまき」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 「多文化共生社会」の実現を目指し,宮城県では平成31年3月に「第3期宮城県多文化共生社会推進計画」を策定し,「外国人県民等とともに取り組む地域づくり」を推進しています。

 令和2年度は,東日本大震災から10年目を迎えたことから,「東日本大震災から10年~外国人住民とささえあう街づくりを考える~」をテーマに,震災の被害が大きかった石巻市において,石巻市とゆかりのある方達と対談を行いました。

多文化共生対談inいしのまき

■日時

令和3年2月7日(日曜日) 午後1時から午後3時まで

■参加者

○コーディネーター

 (公財)宮城県国際化協会 総括マネージャー  大泉 貴広氏

○対談者

 国際サークル友好21 事務局長  清水 孝夫氏

 みやぎオーバーシー協同組合 専務理事  國分 貴之氏

 三洋食品(株) 技能実習生 グエン テイ ルエン氏

 (医)ひまわりデイサービスセンター 介護士 髙橋 リャネット氏

○講評者

 東北大学災害科学国際研究所特任教授 J.F.モリス氏

多文化対談1

 

 

 

 

 

 

 

 

    多文化対談記録 [PDFファイル/1.85MB]

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)