ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ化学物質管理(PRTR制度等)についてリスクコミュニケーションとは?

リスクコミュニケーションとは?

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月9日更新

リスクコミュニケーション

 化学物質による環境リスクを減らすには、化学物質の使用や排出を削減するように心がけることも重要ですが、地域全体で取組を進めるためには、企業や行政に対し市民が不安や疑問に感じたことを問い合わせるなど、市民、産業(企業等)、行政の間でコミュニケーションを図ることも欠かせません。

リスクコミュニケーションとは

 化学物質に関する情報を、市民、産業、行政のすべてが共有し、お互いに意思疎通を図ることをいいます。

TOPページへ戻るリスクコミュニケーション

 言いかえるとリスクコミュニケーションとは、PRTRデータなどの情報を通じて、市民、産業、行政が情報の共有と相互理解を進めるものであり、化学物質による環境リスクを減らす取組を進めるための基盤となるものです。

 いきなり、リスクコミュニケーションをしようとしても、なかなかできるものではありませんが、次のような行動がきっかけとなります。

  • 地元の企業ではどんな物質を使って何を製造しているのかをPRTRデータパンフレットやインターネット、市勢要覧などで調べてみましょう。
  • その中で分からないことがあったら企業や行政、市民団体などに尋ねてみましょう。
  • 企業が開催する説明会に参加したりするということも考えられます。