ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ化学物質管理(PRTR制度等)について宮城県におけるリスクコミュニケーションの普及促進への取組

宮城県におけるリスクコミュニケーションの普及促進への取組

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月6日更新

TOPページへ戻る

宮城県におけるリスクコミュニケーションの普及促進

宮城県が実施した事業者によるリスクコミュニケーション実施のための支援について紹介します。

令和2年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業(募集中)

令和元年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

東京エレクトロン宮城株式会社

平成30年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

前田道路株式会社 仙台合材工場

平成29年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社 蔵王工場

平成28年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

日本製紙株式会社 石巻工場

 さんかく平成27年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

仙台小林製薬株式会社

さんかく平成26年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

NECトーキン株式会社白石事業所

さんかく平成25年度 事業者主導型リスクコミュニケーション事業

三丸化学(株)

さんかく平成24年度 リスクコミュニケーションモデル事業

トヨタ自動車東日本(株)宮城大衡工場

さんかく平成22年度 リスクコミュニケーションモデル事業

(株)ケーヒン角田第一工場

さんかく平成21年度 リスクコミュニケーションモデル事業

積水ハウス(株)東北工場

エム・セテック(株)仙台工場

さんかく平成20年度 リスクコミュニケーション事業

宮城沖電気(株)(現:ラピスセミコンダクタ宮城(株))


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)