ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 県議会 > 宮城県議会 > 県民と宮城県議会議員との意見交換会

県民と宮城県議会議員との意見交換会

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

「若者と宮城県議会議員との意見交換会」を開催しました!

 宮城県議会では、若者の皆さんの議会への理解と関心を深め、議会を身近に感じていただくため、「若者と宮城県議会議員との意見交換会」を開催しました。

1 実施日時

令和元年8月28日(水曜日) 午後1時30分~午後3時40分

2 場所

宮城県議会庁舎(1階 議員応接室1、2階 第1委員会室ほか)

3 参加者

  • 若者(大学生)7人
  • 議員11人 【発言者として参加した議員(広報委員会委員)…8人、傍聴した議員…3人】

4 日程

 
時間内容場所
13時30分~13時40分

(1)開会行事

  • 広報委員長挨拶
  • 議長挨拶
  • 出席者紹介
  • 日程(概要)説明

≪会場移動≫

(1階)
議員応接室1

13時45分~15時10分

 

 

 

(2)意見交換

  • 若者参加者の自己紹介、議員発言者(広報委員会委員)の紹介
  • 若者の意見発表(1人4分程度 テーマ【宮城県政に期待すること】)
  • 意見交換

≪会場移動≫

(2階)
第1委員会室
15時10分~15時30分

(3)施設見学

  • 議長室見学
  • 記念撮影、議場見学

≪会場移動≫

(3階)
議長室、議場
15時30分~15時40分

(4)閉会行事

  • 記念品贈呈
  • 広報副委員長挨拶

≪解散≫

(1階)
議員応接室1

5 意見交換の概要

 参加した若者(大学生)7人、広報委員会委員8人、傍聴議員3人、書記(議会事務局職員)2人の合計20人が、意見交換会場である第1委員会室において、約90分間、若者の自己紹介、広報委員会委員の紹介の後、「宮城県政に期待すること」をテーマに、若者が1人当たり4分程度の意見発表を行い、座長(吉川寛康広報委員長)のもと、自由に意見交換を行いました。

参加した若者の主な発言項目

  • 銘柄豚や県産畜産物の普及と小規模農家への支援拡充による畜産業の発展
  • 介護人材不足の解決に向けた介護の魅力発信と介護人材の育成
  • 特別支援教育と障がい者スポーツを通じた地域づくり
  • 観光客を意識した客引き対策と交通事故対策
  • 多文化防災の推進と復興イベントを通じた防災知識の普及・向上
  • 欧米諸国や高所得者層をターゲットにした観光政策の実施。一次保護所等での待遇改善とDVや貧困などに悩む人々のための民間施設への支援
  • 外国人労働者の受け入れに向けた支援とヘイトスピーチへの対策

意見交換の模様

 
意見交換1意見交換2

施設見学・議場での記念撮影

 
記念撮影1記念撮影2

開会行事の模様

 
開会行事1開会行事2
開会行事3開会行事4

閉会行事の模様

 
閉会行事1閉会行事2

6 報告書

令和元年度 若者と宮城県議会議員との意見交換会 報告書 [PDFファイル/533KB]

(受付終了しました)
「若者と宮城県議会議員との意見交換会」に参加する若者を募集します!

  ※ 一般公募の参加者募集は、令和元年7月10日(水曜日)に終了いたしました。

    お申し込みありがとうございました。

これまでに実施した県民との意見交換会

 
実施日実施内容
平成29年10月24日若者と宮城県議会議員との意見交換会
平成30年11月7日若者と宮城県議会議員との意見交換会

 

ページ先頭へ