ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

PPP・PFI導入調整会議の審議結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月6日更新
目次
更新年月日事業名
令和元年8月6日宮城県立視覚支援学校・宮城県視覚障害者情報センター複合化改築事業
平成29年8月24日南部地区職業教育拠点校整備事業
平成29年8月24日宮城第一高等学校校舎等改築事業

 

 

PPP・PFI導入調整会議の審議結果

宮城県立視覚支援学校・宮城県視覚障害者情報センター複合化改築事業
事業の名称宮城県立視覚支援学校・宮城県視覚障害者情報センター複合化改築事業
開催年月日令和元年7月16日
簡易検討・詳細検討の別簡易検討
事業の目的経年による老朽化が著しい学校施設(校舎及び屋内運動場)を改築するに当たって,学校敷地内に併設されている宮城県視覚障害者情報センターと一体の施設として整備することにより,視覚障害者にとって利便性が高く,多機能且つ効率的な施設とするもの。
予定地仙台市青葉区上杉六丁目5-1
検討結果従来手法による実施
評価表別記様式第2号PPP/PFI簡易定量評価表 [PDFファイル/370KB]
事業担当課室名(電話番号)教育庁施設整備課 (022-211-3353)

 

南部地区職業教育拠点校整備事業
事業の名称南部地区職業教育拠点校整備事業
開催年月日平成29年8月7日
簡易検討・詳細検討の別簡易検討
事業の目的南部地区職業教育拠点校は,南部地区の大河原町に所在する柴田農林高校と大河原商業高校の2つの専門高校を統合し,新たな職業教育拠点校として再編整備するものである。
予定地柴田郡大河原町字上川原7-2
検討結果従来手法による実施
評価表別記様式第2号 PPP・PFI簡易定量評価表 [PDFファイル/421KB] 
事業担当課室名(電話番号)教育庁教育企画室 (022-211-3617)

 

宮城第一高等学校校舎等改築事業
事業の名称宮城第一高等学校校舎等改築事業
開催年月日平成29年8月7日
簡易検討・詳細検討の別簡易検討
事業の目的施設の老朽化に伴う建て替え
予定地仙台市青葉区八幡一丁目6-2
検討結果従来手法による実施
評価表別記様式第2号 PPP・PFI簡易定量評価表 [PDFファイル/290KB] 
事業担当課室名(電話番号)教育庁施設整備課 (022-211-3353)

 

宮城県におけるPPP・PFI手法検討の概要については,「宮城県のPPP・PFIの取組」を御覧ください。

 

※従来手法
公共施設等の整備等を県が自ら行う手法をいいます。

※PPP(Public Private Partnership)手法

 公共施設等の整備等の建設,維持管理,運営等を県と民間が連携して行うことにより,民間の創意工夫等を活用し,財政資金の効率的使用や行政の効率化を図るもので,県と民間が連携して公共サービスを行う手法です。
 例えば,指定管理者制度や包括的民間委託,DBO方式,ESCO方式などがPPP手法に該当します。
※PFI手法(Private Finance Initiative)
 PPPの代表的な手法の一つであり,民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年法律第117号。以下「PFI法」といいます。)に基づいて実施する,民間の資金や経営能力,技術的能力を活用して公共施設等の建設,維持管理,運営等を行う手法です。 
 例えば,BTO方式,BOT方式,BOO方式,RO方式,公共施設等運営権方式(コンセッション)などがPFI手法に該当します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)