ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不登校支援について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月24日更新

どこにいても,誰かとつながっている(宮城県の不登校支援)

1 不登校児童生徒支援全体像

2 未然防止・初期対応

(1)魅力ある学校づくり推進事業(国立教育政策研究所調査研究事業)

 心の居場所づくりや絆づくりによる不登校やいじめの未然防止につながる魅力ある学校づくりの調査研究を実施しています。

(実施市町村)

  • 東松島市(H30,R1),加美町(R2,R3)

(2)みやぎ「行きたくなる学校づくり」推進事業

 文部科学省の調査研究事業である「魅力ある学校づくり調査研究事業」の宮城県版です。

(実施市町村)

  • 令和元年度:柴田町,亘理町,加美町,南三陸町
  • 令和2年度:柴田町,亘理町,登米市,南三陸町
  • 令和3年度:村田町,大郷町,登米市,気仙沼市

(3)不登校等児童生徒学び支援教室充実事業

 教室での学習に困難を抱えている児童生徒を対象に,学習指導と自立支援の充実を図ります。

3 初期対応・自立支援

(1)みやぎ子どもの心のケアハウス運営支援事業

 学校生活に困難を抱えるようになった児童生徒の社会的自立や学校復帰に向けた支援を目的として市町村が行う体制整備を,宮城県が支援しています。

(2)けやき教室

 不登校児童生徒個々の状態に応じた指導援助を行う教室で,市町村又は広域の市町村が設置しています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)